海の哺乳類に「農薬危機」か、同じ遺伝子が損傷 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

海生哺乳類が、適応の結果、有機リン系農薬から身を守る機能を進化の過程でそろって喪失していたことが明らかになった。...

Twitterのコメント(16)

"2018年8月9日、連邦裁判所は、EPAは有機リン系農薬クロルピリホスの安全性を証明していないとして、トランプ政権にクロルピリホスの使用を全面的に禁止するように命じた。"

日本では住宅建材への使用は禁止でも農薬として禁止されてませんよね?
「海生哺乳類が失ったPON1は脂質の代謝に関与することに加え、強力な有機リン系農薬から体を守る働きももっている。」
海は里山と繋がっています。人は、愚かなことばかり。ごめんなさい。
クジラやイルカなどの海生哺乳類が、海に適応する進化の過程で、有機リン酸系の農薬に対処する遺伝子「PON1」を失っていたことが分かりました。農薬が海洋に流出している現在、海の哺乳類が危機にさらされています。
んんん~?オーガニック農薬の方はわりとすぐに分解されると聞いたけど?

>
今から数千万年前、古代の陸生哺乳類の中に海に戻るものがいた。彼らの体は泳ぎに適した流線形になり、はっきり分かれていた指の間がつながり、ひれ足やひれとなった。そして、進化のプロセスのどこかで、海生哺乳類たちは「…
クジラの大量死が農薬のせいだったら悲しい、農薬の成分を何とかして欲しい
農家の方が農薬散布で倒れている例もある
: フロリダのマナティー。海生哺乳類は海に流れ込む有機リン系農薬の影響を受けやすいことがわかった。(PHOTOGRAPH BY PAUL NICKLEN, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)…
有機リン系農薬から身を守る機能を進化の過程で喪失、サイエンス誌
有機リン系農薬から身を守る機能を進化の過程で喪失、サイエンス誌
大変勉強になりますナショジオさん。農薬汚染とか大気汚染とか本当にもう無理…
ナショナルジオグラフィック🚀
海洋民の「進化」などいくつか問題のある部分もあるが(あれは決して進化ではない。)、人類への一つの警告として受け取らなければならないと思う。
PON1って面白い名前だ
海の哺乳類に「農薬危機」か、同じ遺伝子が損傷│ナショナルジオグラフィック日本版
以上

記事本文: 海の哺乳類に「農薬危機」か、同じ遺伝子が損傷 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事

画像で見る主要ニュース