高エネルギーニュートリノ、発生源をついに特定 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

待望の発見により、ニュートリノで宇宙を探る新しい天文学が始まるかもしれない。...

Twitterのコメント(11)

SCP財団関連のどこかで見たような見た目をしているな、とかおもってしまった。
『2017年9月22日、光速に近いスピードで飛んできた1個のニュートリノが地球を貫き、アイスキューブに検出された。そのエネルギーは…大型ハドロン衝突型加速器(LHC)の高エネルギー陽子ビームの約50倍も強力だった』 …
"光子以外の粒子を利用して宇宙の謎を探る新しい天文学の時代がまた一歩近づいた" そういうのもあるのか /
40億光年も離れた銀河の超巨大ブラックホールから飛来、サイエンス誌他


銀河中心の超巨大ブラックホールが御食事の時間だった可能性

あるいは

同じ方向に別の発生源なのかも

分からない
@bot_obio 中央に巨大ブラックホールを持つ"「TXS0506+056」という巨大な楕円銀河"の可能性が濃厚なようですね。
ほんと宇宙でかすぎるって! ■
ナショナルジオグラフィック🚀
いやーロマンあるねぇ。とは言え地球のそばにこんな天体があったら人類なんて一瞬で滅亡なんだが。遠くてラッキー /
ちょっと調べた感じ、ニュートリノは運動量の違いでエネルギーが違って来るようだ。
以上

記事本文: 高エネルギーニュートリノ、発生源をついに特定 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事