重い恐竜が割らずに卵を抱いた画期的な方法を解明 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

オヴィラプトロサウルス類という鳥に似た恐竜の巣の化石から、卵の安全を守るための独自の方法が明らかに。...

Twitterのコメント(14)

「家の外に出てごらんなさい。1万種の恐竜が飛び回っているのが見られますから」|
恐竜の抱卵。興味深い。
| ナショナルジオグラフィック

>この研究は、今日の鳥に見られる巣ごもり行動が、その祖先である恐竜の時代に始まっていたことを示している。
巣の化石、ストーンサークルみたい。
ナショナルジオグラフィック🚀
[重い恐竜が割らずに卵を抱いた画期的な方法を解明|ナショジオ ] 奇麗に並べてあるだけじゃなく,ちゃんと出入り用に1ヶ所隙間を空けてあるあたり芸が細かい.
鳥の巣ごもりは、先祖である恐竜の時代に始まっていた | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
この間行った恐竜の卵展がなかなか面白かった。卵の並べ方なども綺麗なパタンになっていて。
四本足走行のヤツも同じように卵を温めていたのかな?
鳥が抱卵するのはほぼ、卵を温めるためです。けれども、オヴィラプトロサウルス類がどうして抱卵したのか、保護するためだったのか、それとも温めるためだったのかはわかりません」 /
化石研究から『恐竜は、12個の卵の上に翼状の腕を広げたままの姿勢で息絶えていた。』とのこと。
化石一つから恐竜時代に思いを馳せるのは、ワクワクしますね。
面白い。
「鳥が抱卵するのはほぼ、卵を温めるためです。けれども、オヴィラプトロサウルス類がどうして抱卵したのか、保護するためだったのか、それとも温めるためだったのかはわかりません」
恐竜の抱卵についての記事がナショジオさんにあがりましたね→ 。先日ツイートした名大博の田中博士たちの研究に加え、別の論文も盛り込んでいます。
"多くの恐竜はトカゲより鳥に似ていた。"
"「家の外に出てごらんなさい。1万種の恐竜が飛び回っているのが見られますから」"
巨大肉食恐竜が空を飛び回っているのを想像してしまうマン。
以上

記事本文: 重い恐竜が割らずに卵を抱いた画期的な方法を解明 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事