「エイリアンのミイラ」ついに正体が判明、チリ | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

チリのアタカマ砂漠で発見された極小のミイラ「アタ」をめぐる論争が、詳細なDNA分析によりついに決着した。...

Twitterのコメント(41)

おやゆび姫も空想では無さそう?
おっかないなあ。
アタカマ砂漠といえば・・・>  | ナショジオ日本版
遺伝子変異が7つもある赤ちゃんだったと
"彼女が死亡したときに彼女を愛しく思ってくれる人がいたと考えている。"
科学的とは、目の前の事実を素直に受け取ること。でもこの「素直」が超難しい。みんな自分の思い込みというフィルターを通してしまう。/
「マスコミの注意を引くための愚かな疑似科学」まさにそのとおりだな…免疫学者の方の名前がノーラン氏だったので反応してしまった
いい記事だな。
←この状態で生まれてきたとか…凄いことが起き得るもんだ
身長15cm ヒトの胎児程しかないのに、6歳児ぐらいに成長しているので、これは突然変異と見られます。
それでもツッコミどころは残ってる感あるなぁ👽
「一方、科学により新事実が明らかになっても、アタを地球外生命体と信じる人々は考えを変えようとしない。」

信じたい人はそのままで…(笑)
「X線とCTスキャンにより骨格を調べた」 /
「エイリアン説が誤りであることを改めて証明しただけでなく、この不思議な姿かたちの理由も科学的に明らかにした」|
良い記事
えっ、人間だったの?エイリアンだったよりショックだよ!!
それはエイリアンなどではなかった───チリのアタカマ砂漠で発見された身長わずか15センチのミイラが、遺伝子変異によって骨が異常に発達した赤ちゃんだったことが分かりました。発見された時、革袋の中に丁寧に包まれていたといいます。
「『エイリアンのミイラ』ついに正体が判明、チリ」

遺伝子変異か…。不運な子供だったんだな。かわいそうに…。
ナショナルジオグラフィック🚀
エイリアンのミイラとして有名になった「アタ」実は遺伝子異常を起こした人間であったことが判明
これ宇宙人のミイラなんですかね。UFOが墜落して中からでてきた人型の宇宙人に見えますよね。まぁ、説明には奇形の人のものだと記載されていますね。謎のものが多く発見されているようです。不思議ですね。
最後のノーラン氏のコメントが全てだな。こういう話ではとかく科学者の行き過ぎた行為が批判の対象になるけどジャンガーズ氏もノーラン氏も良心的な考えの持ち主のようで良かった。
ちょっと残念。
眠りにつかせてやれよ。
これは興味深い
>
正体がどうより、「正体はわかりませんが、ヒトでないことは明らかです」っていうののほうが怖いよ…反知性主義かよ…
「エイリアンのミイラ」ついに正体が判明、チリ体長15センチ、とがった頭のミイラ「アタ」のDNAを解析した ナショジオ
結論が出た事、ミイラが「亡くなった人の遺体」に戻れた事は良かったと思う
エイリアンの謎は無くなったけど今度は人体の謎が出てきたような
やっぱ遺伝子バグって不思議な事が起きる
そうだったのか
というより、そだねーって感じ
東スポではない
人間と判ったのなら不謹慎ですがまるで象牙細工だなあと思ってしまいました。
こういうの大好物(*ΦωΦ*)
最後の一文、だいじ。
よかったなあ。やっぱりこの子はエイリアンじゃなかったんだね。いつかは葬ってあげられるといいのだけど
こういうものにもきちんと科学的な結論が出るものなんですね。
非常に興味深い。
「科学により新事実が明らかになっても、アタを地球外生命体と信じる人々は考えを変えようとしない」って。どこかでも同じようなことがあったような…。反ワクチンとか、放射脳とか…。
うーむ、こんなことが。
以上

記事本文: 「エイリアンのミイラ」ついに正体が判明、チリ | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事

画像で見る主要ニュース