TOP > エンタメ > ナタリー[映画] > 町山智浩による「...

町山智浩による「ブレードランナー 2049」レビュー到着 - 映画ナタリー

23コメント 登録日時:2017-10-02 23:31 | ナタリー[映画]キャッシュ

映画評論家・町山智浩による「ブレードランナー 2049」の日本最速レビューが到着した。...

Twitterのコメント(23)

前作は泣けなかったが今作は泣けた。アンドロイドの涙に引き寄せられたのかもしれない。 /
そうなのか。やっぱ、読み取れてない部分もあるんやな
>レイチェルとは旧約聖書でヤコブの子を産んで死んだラケルの英語読みだが、
観てから改めてこれ読むと
町山さんの凄さがわかる…
「ブレードランナー」の主人公、Kって言うの?
町山さんが号泣必至と言ってる時点でもう涙でてきた。
《リドリー・スコット監督がメビウスのコミックを基に作り上げた2019年のロサンジェルスの風景は映画に革命を起こした。しかし、その後35年間にさんざんコピーされ、使い古され、今ではもう「見飽きた未来」になってしまった。》町山智浩
ちなみにこの記事はまったく問題ありません。これがプロの仕事
こいつぁ期待できるぜ!>
: 映画評論家・町山智浩による「 ブレードランナー 2049 」の日本最速レビューが到着した。 ドゥニ・ヴィルヌーヴ がメガホンを取った本作は、…
ブレードランナー見る前に『明日、機械がヒトになる』読むのがおすすめですよ◆
それでスシマスターは出るの? 出ないの? /
前作で二人を見逃した警察官ガフ(エドワード・ジェームズ・オルモス)も登場
日本での公開が待ち遠しい。
低予算でしかも撮影期間が短かったための苦肉の策として夜間撮影しかも雨を降らせた前作、それがかえって名作となったブレードランナー、あの怪しい日本語と「二つでじゅうぶんですよ」のうどん屋は登場するのか? / "町山智浩による「ブレー…"
「レイチェルとは旧約聖書でヤコブの子を産んで死んだラケルの英語読みだが、それが繋がってくるとは……」 /
絶賛と好評が聞こえてくる「ブレードランナー 2049」。監督は先日傑作「メッセージ」が公開されたばかりのドゥニ・ヴィルヌーヴ。1人でSF映画を革新している!/
と思ってたら

※同レビューでストーリーの重要なポイントを明らかにすることは避けられていますが、ネタバレだと感じる可能性もありますので、読者の皆様の責任でお読みください。

とめちゃくちゃ丁寧な文章に変わってる!笑 大変な時代だ。
面白いらしい。。。しかし2時間47分だっけ? 長い。。。w
「2049」を見る前にどのバージョンを観るのが良いんだろうか?
エドワード・ジェームズ・オルモスの登場も楽しみだし。ルトガー・ハウアーに泣いたし。そしてハリソン好きの私は落ち着いていられない!
"師"のレビューだが、とりあえず観るまで取っておくことにする(笑)⇒★
ネタばれアリなのでまだ読めねえ!
2049」日本最速レビュー到着 - 映画ナタリー
以上

記事本文: 町山智浩による「ブレードランナー 2049」レビュー到着 - 映画ナタリー

関連記事

画像で見る主要ニュース