TOP > 政治・経済 > MONOist(モノイスト) > 本田雅一のエンベ...

本田雅一のエンベデッドコラム(15):「国内家電メーカーのテレビ事業に未来はあるのか」――敗因を見極め、今こそ感覚のズレを正すとき (1/3) - MONOist(モノイスト)

26コメント 登録日時:2012-07-18 10:25 | MONOist(モノイスト)キャッシュ

「日本のテレビはもう売れない」「韓国勢に負けた」――。日本メーカーが手掛けるテレビ事業は韓国メーカーに追い抜かれ、“敗者”のレッテルを貼られてしまった。しかし、映像品質や3D技術に目を向けてみると、日本は世界トップレベルの力を持っている。敗因を見極め、フォーカスを正しい位置に再設定できれば、この苦境から...

Twitterのコメント(26)

話が多少長いが、『日本メーカーが考える"最高の製品"と、グローバルの"消費者が求める製品"のテイストが違ってきた』という核心は正しいと思う。 ⇒ 『国内家電メーカーのテレビ事業に未来はあるのか』敗因を見極め、今こそ感覚のズレを正すとき」
国内テレビの敗因は消費者にフォーカスがあってなかったから? ニースが大きい安価なHDテレビは誰でも作れるようになって激戦区なので厳しかな。…… 「国内家電メーカーのテレビ事業に未来はあるのか」―敗因を見極め、今こそ感覚のズレを正すとき
単純に為替の問題なんじゃね? /
TVなし生活727日目『ありがとう』週間498日目。『 』
今日もがんばろ!!ありがとう!!
国内家電メーカーのテレビ事業に未来はあるのか
このコラム、バックナンバーも面白いですね/
『国内家電メーカーのテレビ事業に未来はあるのか』。敗因を見極め、今こそ感覚のズレを正すとき。
【あらためて(本日公開)】
> 家電メーカーが抱えてきた感覚のズレ, フォーカスを正しい位置に再設定できるかがポイント /
高画質と3Dが一致しない、3Dは画質が落ちる。どんな角度からもどんな目の状態でも2Dより綺麗に見れなきゃ3Dはゴミ。
ごもっとも。しかし50インチ 10万円の海信テレビが気になる。
結局逃げのコラムだな… >
何を言いたいのかな。だからマーケティングの失敗なんだろ?って感じ。
MONOist- 「国内家電メーカーのテレビ事業に未来はあるのか」――敗因を見極め、今こそ感覚のズレを正すとき: 「日本のテレビはもう売れない」「韓国勢に負けた」――。日本メーカーが手掛けるテレビ事業は韓国メーカーに追い抜か...
日本は傾向として具体的な批評は得意だが具体的な対策は常に苦手だな。RT @itmedia: [@IT MONOist]本田雅一のエンベデッドコラム:「国内家電メーカーのテレビ事業に未来はあるのか」―敗因を見極め、今こそ感覚のズレを正すとき
[ MONOist]「国内家電メーカーのテレビ事業に未来はあるのか」――敗因を見極め、今こそ感覚のズレを正すとき
以上

記事本文: 本田雅一のエンベデッドコラム(15):「国内家電メーカーのテレビ事業に未来はあるのか」――敗因を見極め、今こそ感覚のズレを正すとき (1/3) - MONOist(モノイスト)

関連記事

画像で見る主要ニュース