24コメント

移動中見てますか? 東京メトロのデジタルサイネージ ホットトピックスはやはり、デジタルサイネージだろう。東京メトロでは、2008年6月から開始。まずは、車両のドア上部の「Tokyo Metro Vision」から、続いて丸ノ内線6駅のホームで「M Station Vision」が始まった。 Tokyo Metro Vision M Station Vi...


Twitterのコメント(24)

「桜の開花情報」アニメーション制作しました :
ふーむふーむ RT @Skotaro デジタル化で交通広告にも変化 メトロアドエージェンシーに最新動向を聞きました
紙媒体の電子化が進んでますな。
最近よくみかけて気になっていたデジタルサイネージ/
「テレビCMの素材に手を加えるだけでクリエイティブが出来上がるので、紙のポスター等より手間がかからないというのがあります」| MarkeZine
1日の接触時間を考えると、今後はテレビCMより期待できるメディアになるのかな。個人的には広告だらけの電車が走る様を見るのは好きではないのだけれど。/東京メトロのデジタルサイネージ戦略
「最近のトピックスでは、新宿駅のイベントスペースで1週間、実際に食べられる『ヤキソBar U.F.O.』を開催」> @markezine_jp
デジタル化で交通広告にも変化|MarkeZine
デジタル化で交通広告にも変化、"メトロアドエージェンシー"に最新動向を聞きました

まだまだ手つかずの所も多く、様々な展開が考えられる領域。全てがデジタルにはならないが、数年後には電車や駅がガラリと変わるはず。
メトロアドエージェンシーに最新動向を聞きました: 毎日631万人が利用する東京メトロ。毎日利用しているという読者の方も多いだろうが、車内や駅構内でじっくりと広告を眺めたことはあるだろうか。デジタルサイネ...
(1/2):MarkeZine(マーケジン)
以上

記事本文: デジタル化で交通広告にも変化 メトロアドエージェンシーに最新動向を聞きました(1/2):MarkeZine(マーケジン)

関連記事

22コメント 2012-11-19 06:18 - internet.watch.impress.co.jp

株式会社サイバーエージェント、東京急行電鉄株式会社、株式会社東急エージェンシー、凸版印刷株式会社の4社は16日、NFC技術を活用し、交通広告や屋外広告とスマートフォンを組み合わせた新たな広告手法「スマートOOH広告」を開発し、実証実験を開始した。 実証実験の第1弾として、サントリー食品インターナショナル株式会社の新商品「ペプシ スペシャル」のプロモーションを、11月16...[続きを読む

画像で見る主要ニュース