いちばん取引が多いのはアパレル 中国EC市場の現状と今後の可能性(1/1):MarkeZine(マーケジン)

28コメント 登録日時:2012-04-23 12:36 | MarkeZine(マーケジン)キャッシュ

 アイリサーチの曹军波氏によれば、中国にECの概念が入って来たのは1993年。1999年から実際に取引されるようになり、2003年にはSARSの影響でイーコマースが大発展を遂げた。  そして昨年2011年、市場規模は7,666億元(9兆9,658億円)、前年比66.3%の成長率である。曹氏によれば、2012年には1兆1,840億元規模、2015年には2兆...

Twitterのコメント(28)

って言われても楽天が撤退という事実。展開方法の模索は必要だと思う。 /
中国もアパレルは好調のようで、Amazonが力を入れるのも分かる。 → | MarkeZine:
2011年中国C2C市場:アリババのtaobaoがシェア90.4%。B2C市場:アリババのtmallがシェア52.6%。2位360buyは17.6%
求む!モバイル決済!?→ (MarkeZine)
やはり中国EC市場だよね!重要>
想像以上にCtoC率、高し。/
【海外動向】(2012/04/23)『 中国EC市場の現状と今後の可能性~2012年には1兆1,840億元規模、2015年には2兆5,510億元規模と予測』MarkeZine
モバイルユーザーも増えてきているとのことです!
中国EC:国土の広さや所得分布を考慮すると地方と都市で商品ラインを分け、都市向けのネットスーパー型モデルと地方・農村向けのUS型総合通販モデルを併用するのも一つの戦略だと思う。 @myen /
自分もめも。 RT @act_nayu >いちばん取引が多いのはアパレル 中国EC市場の現状と今後の可能性
@markezine_jp 中国EC市場の現状と今後の可能性: ネットユーザーが5億人を超えた中国。その中国のインターネットおよび関連企業に注目する…
アパレルが熱い!中国EC市場の今後。乱れ飛ぶように売れてるんですね~。
海外ありだな.
以上

記事本文: いちばん取引が多いのはアパレル 中国EC市場の現状と今後の可能性(1/1):MarkeZine(マーケジン)

関連記事

画像で見る主要ニュース

54.196.213.0 ec2-54-196-213-0.compute-1.amazonaws.com