TOP > 政治・経済 > Market Hack(外国株ひろば) > 米国の大学の授業...
26コメント

大学の授業料ならびに寮などの関連費用は、アメリカの消費者にとって最も激しいインフレを経験している支出項目です。 カレッジ・ボードによると2000年から2010年の10年間に公立の四年制大学の授業料ならびにフィーは72%も上昇しました。これは年率に換算すると約5.6%です。これは公立大学のケースですが、私学でも事情は同じだと思います。 一方、同じ期間、学士卒の25~34歳の会社員の実質平均年収は-1...


Twitterのコメント(26)

スタンフォードの安定感ww→
、2012年12月04日、Market Hack
「大学の授業料ならびに寮などの関連費用は、アメリカの消費者にとって最も激しいインフレを経験している支出項目です。」
興味深いは一人あたりの寄付金の額。意外な並び。量か質か。
授業料の値上げが続くアメリカ。経済状況が教育機会に如実に現れる。新たな階級社会の誕生か『四年制大学の授業料ならびにフィーは72%も上昇』『学士卒の25~34歳の会社員の実質平均年収は-14.7%』 / "米国の大学の授業料値上がりと、…"
日本の大学はどんななんだろう。私立って値上がりするのかね。経営状況もまとまってるとおもしろいな
"運用の世界ではプリンストン、イェール、ハーバード辺りの運用資産の潤沢さは周知の事。或る意味、勝負は既についているわけです"
教育界が銭ゲバって終わってんな。我が敬愛するスタンフォード、流石やでぇ・・・。
アメリカ式の「質の高い教育」が、コスト的に限界に近づきつつあるのではないかなあ。あの国でオンライン教育が待望される理由の一つでもあろう /
20121204「米国の大学の授業料値上がりと、有名校の経営状況」( Hack)
米国の大学の授業料値上がりと、有名校の経営状況: 大学の授業料ならびに寮などの関連費用は、アメリカの消費者にとって最も激しいインフレを経験している支出項目です。
カレッジ・ボードによると2000年から2010年の10年間に公...
以上

記事本文: 米国の大学の授業料値上がりと、有名校の経営状況 - Market Hack

関連記事

37コメント 2013-08-28 07:08 - greenz.jp

「大学に行きたいけれども、お金が…」という悩みは、どこの国でも深刻なようです。アメリカでは、学生奨学金の金利を倍にする法案が可決されるなど、返済が重くのしかかる現状は「アメリカ経済の病巣」と呼ばれるほど問題視されています。 そうした問題を解決するための画期的な取り組みが、オレゴン州から始まろうとしています。 舞台は、オ...[続きを読む

画像で見る主要ニュース