TOP > ニュース総合 > 毎日新聞 > 科学の森:能力桁...

科学の森:能力桁違い量子コンピューター 開発競争激化、日本の巻き返しは - 毎日新聞

13コメント 登録日時:2018-11-08 06:13 | 毎日新聞キャッシュ

 現在のスーパーコンピューターの計算能力をはるかにしのぐと期待される「量子コンピューター」の開発競争が世界で激化している。米国のグーグルやIBMなどの企業がけん引し、中国など各国政府も巨額予算で後押ししている。一歩出遅れた日本は巻き返せるか。【阿部周一】...

Twitterのコメント(13)

能力桁違い量子コンピューター 
「2014年、米カリフォルニア大のマルチニス教授が5量子ビットを、1%を切る小さなエラー率で動かすことに成功。大規模化に光が差し、世界で研究開発が一気に加速する分岐点に」とはいえ。
日本が生き延びるには、量子コンピュータとAIの研究開発を官民総力戦で行い、人間を超えた能力をもつAIを生み出すのが『唯一無二の道』です。
そのためにGDPの2%の投資が10年間必要ですが、実現すれば莫大な利益になります

@AbeShinzo
@sugawitter
@Naikakukanbo
欧米の投資が年間100億単位で日本は10億単位か ↓
量子コンピュータと衛星打ち上げは防衛費突っ込みたいよなー
逮捕されたお友達の旧式のシステムに100億も突っ込む金があったら、、と嘆いても手遅れ。だって全ての銀行のパスワードも軍事機密のパスワードもあっという間に解読なのだから。最初に実用レベルになった国が世界を制覇します。もう手遅れ。ずっと言い続けてきましたが。
8億円を気前よくかつての友達に値引きしたり、55億をご主人様の娘に貢いだり、96億円の土地と34億円を気前よくバク逆の友にあげたり、6000億のガラクタをご主人様のために気前よくあげたり、1兆円をk
役に立たない基地に注ぎ込んだり54兆円を気前よくばらまく人をどう文字数
こういうのも国債でいいんだよねぇ 投資による高性能化はストレートに時間を買ってるようなもので
かけてるお金の単位が違いすぎる……。量子コンピュータ、既存の暗号化技術を破る力となり得るので中国あたりに先に実現されるといろいろとヤバいと思うよ正直……。 /
数字だけ書いておきますね。
米:国防総省が5年毎年2億ドル(220億円)。5年で13億ドル(1450億円)投じる法案
中:1200億円で国家実験拠点
独:4年で800億円

日:年14億円
「量子コンピューター」の開発競争が世界で激化している。米国のグーグルやIBMなどの企業がけん引し、中国など各国政府も巨額予算で後押ししている。一歩出遅れた日本は巻き返せるか。
量子コンピューターの各国の開発、投資動向をまとめました。過去5年程で米中の特許出願数が急増する一方、日本は減少傾向で世界の潮流から明らかに外れています
本日の毎日新聞科学面を大きく割いて量子コンピューターの特集が組まれており、阪大量子情報・量子生命研究部門の設立が取り上げられています。取材協力しましたのでスレッドで数点コメントします。
"根来助教は情報調査会社クラリベイト・アナリティクスと共同で、各国の量子コンピューター関連の特許出願数を調べた。その結果、この数年で米中の出願数が急増した一方、日本は減少傾向" /
以上

記事本文: 科学の森:能力桁違い量子コンピューター 開発競争激化、日本の巻き返しは - 毎日新聞

関連記事