TOP > ニュース総合 > 毎日新聞 > 訃報:ノーベル化...

訃報:ノーベル化学賞受賞、下村脩さん90歳 長崎市内で - 毎日新聞

31コメント 登録日時:2018-10-21 17:42 | 毎日新聞キャッシュ

 生体内で生命現象を担うたんぱく質の動きや働きを知る上で欠かせない「緑色蛍光たんぱく質」(GFP)を発見した功績で、2008年にノーベル化学賞を受賞した米ボストン大名誉教授の下村脩(しもむら・おさむ)さんが19日、長崎市内で死去した。90歳。出身校の長崎大が21日、明らかにした。...

Twitterのコメント(31)

下村脩氏、どんな方なのか調べてみるとRAPT理論キーワードが沢山。

◆ノーベル賞受賞
◆子供の頃満州に居住
◆父親は陸軍軍人
◆父の実家は長崎の名家
◆長崎で原爆体験
◆核兵器廃絶を訴え、パグウォッシュ会議にも参加
などなど
(◆生誕の地は福知山市→市章が六芒星)
とは権威ある支配層が授与される或いは支配層の権威を維持する為に尽力した者に授与される賞です。

この方はWikipediaに『父の生家は長崎県雲仙市瑞穂町にあり代々庄屋を勤めた名家』と記載されております。

ご多聞に漏れず支配層側だということです。
大先輩、続けることの執念と素晴らしさをおしえてくれた。合掌…。 /
ご冥福をお祈りいたします
謹んでご冥福をお祈りいたします
数年前に前の職場でGFP発見までのお話を聴いた。研究を愛してるっていうのはこういう人のことを言うんやなぁってつくづく思った。
ご冥福をお祈り申し上げます。
そうか。生命科学になくてはならない技術の元を発見をされた方。ご冥福をお祈りします。
GFPを見つけてくれてありがとうございます。
おかげで現在の研究で助かっております。
素晴らしい功績です。ご冥福をお祈りいたします。
発光生物の仕組みを追い求め続け、蛍光タンパク質の分野で多大な業績を残した下村脩さんが19日に長崎市内で亡くなり、21日、長崎で密葬が営まれました。謹んでご冥福をお祈りします。
緑色の蛍光たんぱく質「GFP」の発見で生命科学の発展に大きく寄与した下村脩さんが死去。心から冥福をお祈りします。 / (毎日新聞)
彼にはほぼ関係無い母校に像建てるってんで少しだけご縁があった方だけど…御冥福をお祈りします
イクオリンにGFP、高校時代にクラゲ好きの私を発光生物と電子移動論に興味を持たせて下さったことに感謝。
あら。大学時代にアルバイトしていたところの社長さんが義理の弟にあたる方で、何度かエピソードを聞かせてもらったことがあったっけ。
ご冥福をお祈りします。
下村さんの見つけたGFPは今や医学生物学にとって無くてはならないツールだが、選択と集中体制下であるのならば決して見つけられなかったタンパクである。
《 長崎市内で》

( ー人ー)南無
元々はオワンクラゲがなぜ光るのかに興味をもって研究されてたんだよね。

長い人生、お疲れ様でしたm(_ _)m
大先輩、お疲れ様でした。
御冥福をお祈りします。
クラゲの研究でノーベル賞を受賞した下村博士死去。合掌。
そうか、下村さん長崎に戻っていたのか。長崎は私にとってもカミサンの出身地でカトリックに縁深い街。
長崎市内で(5コメント) :   生体内で生命現象を担うたんぱく質の動きや働きを知る上で欠かせない「緑色蛍光たんぱく質」(GFP)を発見した功績で、2008年にノーベル化学賞を受賞した…
毎日新聞:
なんと……。今年頭に亡くなった祖父の旧制中学時代の同級生で、ノーベル賞取ったあとにも同窓会で会って話したって言ってたなあ。
バイオの道を通りし者は皆心よりご冥福をお祈りすることでしょう
長崎ゆかりの化学者で、2008年にノーベル化学賞を受賞した米ボストン大名誉教授の下村脩(しもむら・おさむ)さんが死去。90歳。長崎大によると、下村さんは19日、長崎市内で亡くなったそうです。

 長崎市内で-毎日新聞
GFPを用いた遺伝子解析は今の生物学の重要な研究手法。STAP細胞の騒動の時もSTAPが多能性を有していること検証するために用いられた。 |
「緑色蛍光たんぱく質」を発見した功績でノーベル化学賞を受賞した米ボストン大名誉教授の下村脩さんが死去しました。90歳でした。
訃報:ノーベル化学賞受賞、下村脩さん90歳
以上

記事本文: 訃報:ノーベル化学賞受賞、下村脩さん90歳 長崎市内で - 毎日新聞

関連記事