TOP > ニュース総合 > 毎日新聞 > 日本電産サンキョ...

日本電産サンキョー:羽生選手監修のオルゴール販売へ - 毎日新聞

19コメント 登録日時:2018-10-12 09:10 | 毎日新聞キャッシュ

 長野県下諏訪町の「日本電産サンキョー」は、フィギュアスケートの羽生結弦選手(23)が初監修したオルゴールの販売を17日から始める。同社のオルゴール販売サイトとオルゴール記念館「すわのね」(下諏訪町)で購入できる。...

Twitterのコメント(19)

@komuyuzu 良かったよねー❤️
ほんとにこだわり詰まってるみたいだよ(*´艸`*)
デザインも!✨
私はイヤホンとポータブルプレイヤーの監修待ちwww
5.6回も話し合って出来たオルゴール
是非買わせて頂きます♩✨
オルゴール1つ作るにも使用曲に拘る。こういう自分の意思をしっかり持ってるところ大好きです😌😌😌
"日本電産サンキョーによると、羽生選手の滑りとオルゴールの音色の「優雅なイメージ」が重なるため、平昌五輪前から企画を打診。"
そんな前から…そうだったのか…(´;ω;`)ブワッ
〉羽生選手は快く応じ、曲やデザインなど全体の監修を担当した。特に曲への思い入れは強く、「この部分をぜひ使ってください」と要望するなど、編曲家と5~6回話し合ったという。
全体を監修とな😃

平昌五輪前から企画を打診。羽生選手は快く応じ、曲やデザインなど全体の監修を担当した。特に曲への思い入れは強く、「この部分をぜひ使ってください」と要望するなど、編曲家と5~6回話し合ったという。

羽生選手監修のオルゴール販売へ -
企画は平昌の前なの?😳。びっくり。。。

羽生くんは、こう言うプレッシャーを全部受け止めたんだよね。

器が大きくないととても出来ない。。。
おお、いい値段だなあ! 紙袋もコミとしても。
羽生選手の滑りとオルゴールの音色の「優雅なイメージ」が重なるため、平昌五輪前から企画を打診。羽生選手は快く応じ曲やデザインなど全体の監修を担当した。特に曲への思い入れは強く、「この部分をぜひ使ってください」と要望するなど、編曲家と5~6回話し合ったという。
自分用にも💕⛸❄️😊後で時々読み返ししたい❄️
「是非、この曲のこの部分入れを入れてさい」
結弦さん自身、積極的に編集に携わったとのこと。
この益々欲しくなりますね~素敵なオルゴール✨
10月17日以降に定例販売だそう。
平昌前からのお話だったのね✨
特に曲への思い入れは強く、「この部分をぜひ使ってください」と要望するなど、編曲家と5~6回話し合ったという。

予想以上のガチな監修っぷりを知ると、ますます全部欲しくなってしまう😇
「平昌五輪前から企画を打診。羽生選手は快く応じ、曲やデザインなど全体の監修を担当した。特に曲への思い入れは強く、「この部分をぜひ使ってください」と要望するなど、編曲家と5~6回話し合った」
日本電産サンキョーによると、羽生選手の滑りとオルゴールの音色の「優雅なイメージ」が重なるため、平昌五輪前から企画を打診。
毎日新聞の記事 羽生結弦選手オルゴール企画の理由や羽生選手の曲への思い入れなど詳しい
羽生選手の滑りとオルゴールの音色の「優雅なイメージ」が重なるため、平昌五輪前から企画を打診。羽生選手は快く応じ、曲やデザインなど全体の監修を担当した。特に曲への思い入れは強く、「この部分をぜひ使ってください」と要望するなど、編曲家と5~6回話し合った。
平昌前に打診してたのがなんか嬉しいぞ🎵
以上

記事本文: 日本電産サンキョー:羽生選手監修のオルゴール販売へ - 毎日新聞

関連記事