TOP > ニュース総合 > 毎日新聞 > 幻の科学技術立国...

幻の科学技術立国:第2部 源流を探る/3 準備周到、東大「独り勝ち」 外部資金獲得で収入増 法人化見越し改革先行 - 毎日新聞

10コメント 登録日時:2018-08-09 06:03 | 毎日新聞キャッシュ

 <科学の森>  「大学を産業成長に活用していくには、もっとスピーディーに改革しなければ」「財源を多様化するため、不動産や株で稼げるような仕組みも必要だ」。5年ほど前、霞が関や東京大の研究室で、東大の改革を巡り、文部科学省や経済産業省、財務省の官僚らと頻繁に議論を重ねる2人の東大教授の姿があった。...

Twitterのコメント(10)

:…産業競争力会議の議員…橋本和仁…現物質・材料研究機構理事長)…現東大学長の五神真…旧知の2人…私的な勉強会…橋本氏は政府の…会議の非常勤議員も…文科省の会議室でコンビニで買ってきたおでんを食べながら話した…(官僚からの情報が圧倒的に違うのよ,東大は。)
東大「独り勝ち」 外部資金獲得で収入増 法人化見越し改革先行 - 毎日新聞
「国の管理を離れ、「自主・自律」を目指したはずの国立大法人化。だが、逆に国の支配が強まり、大学間格差が広がったと感じている学長経験者は多い」
東大独り勝ちというのはその通りだと思うが、この話とランキングの話を混ぜ合わせるのは若干の違和感がある。ランキングそのものの性質(宣伝の巧拙で変わるなど)もあり、単純に同じ基準では議論ができない。資金の制約や少なさがランキングに出ているのは確かだが。
"東大は04年の国立大法人化の恩恵を順調に受けてきた。(中略)競争的資金や寄付金、産学連携による民間企業からの研究費の増加により総収入は約436億円増えた。" /
周到に準備を進め、法人化の果実を手にしてきた東大。文科省幹部からも「法人化で最も得したのは東大」という声が漏れます。
草むしりの金すらないのにな・・・
「大型プロジェクトの予算は縛りが多く、進捗も管理される。研究者の好奇心に基づいて自由にできる研究は減った。東大は、法人化で世界と戦える大学になれるという、集団幻想を見たのかもしれない」 /
第2部第3回。多くの国立大学長経験者が、法人化で逆に国の支配が強まり、大学間格差も広がったと感じています。
嫌味な書き方するねー(苦笑)>毎日
"指定国立大になったことで、外部資金獲得はさらに弾みが付きそうだ。文科省幹部からも「法人化で最も得したのは東大」という声が漏れる"
以上

記事本文: 幻の科学技術立国:第2部 源流を探る/3 準備周到、東大「独り勝ち」 外部資金獲得で収入増 法人化見越し改革先行 - 毎日新聞

関連記事

画像で見る主要ニュース