TOP > その他のニュース > ログミー > ネットで誰かを吊...

ネットで誰かを吊し上げて叩くと快感が得られる--脳科学者・中野信子氏が解説する「シャーデンフロイデ」という感情 - ログミー

166コメント 登録日時:2017-09-13 11:50 | ログミーキャッシュ

上智大学で行われた脳科学者・中野信子氏の講義「脳科学と世界の中の日本」。芸能人の不倫や不祥事を過剰に叩くときに生まれる「シャーデンフロイデ」という感情と、それが共同体のなかで果たしてきた役割について解説しました。...

Twitterのコメント(166)

「友達が自分よりも、就活で上手くいってるのは良い思いがしないなあ」
と思う感情は、

人間が持ち合わせている税金もといウンコみたいなモノなので、
あまり心配しなくても良いかと
日本の幸福度の低さ…なるほどな…
なるほど。社会学的なテーマになりますね。おいらも「大衆」ですから、戒めないとあきまへん。
@tunentl こんな記事がありました。参考になれば、、、。
昨日文化放送のラジオで聞いて、大変興味深いと思った。
「復讐される危険性がありながらも、集団の存続、種の保存という観点からはバッシングが必要だという事情がある。そのリスクを乗り越えるために脳が工夫をしたのが「バッシングに快感を持たせる」ということ」

中野さんの解説わかりやすくて好き。
批判と叩くはちょっと違うよねって、話
シャーデンフロイデ、覚えておこう。
本能なのな
共同体依存性の高い奴ほど妬みぽいと解釈した :
集団生活のために発達した脳の働きだと。これは考えたことなかった。分かりやすい正義にすがる多様性についていけないヒマなヒトの行動かなと。
「メシウマ」の感情にはどんな意味がある?
メシウマは脳科学で説明できる。共同体の生存戦略としてのバッシングの快感と報復のリスク。
結局ツイッターで自己満足な批評を繰り返している人って、これなんだろうなぁ
ザッカーバーグだってそんなことは百も承知で商売やってるわけです。
社会の進化より脳みその進化のほうがのんびりしてるんだろうな〜。本能も毎年アップデートできたら楽なのにね。

  via
興味深かった。共同体の形成という種の保存法を守るため異質なものを排除する、いわば本能的なものだったのか
シャーデンフロイデという定義が元々あるなら、昔から当たり前に存在する問題という事

人間の習性でSNS時代とかそういう次元の話じゃない

いじめと同じで無くならない前提で、どう対処するべきか分析して欲しいわ
ちょろっと読んだ。面白いので後で続き読もうー
@logmijpより … シャーデンフロイデちゃん、きっとカワイイ。
理想主義がより強い社会であるが故に起こるのはなんとも皮肉だなぁ(^^;;  @logmijpより
@logmijpから
コンプレックスの性みたいなものが揚げ足をとることで満たされる。
反省しなければ
たしかに、キモい男オタクとか極端な左右とかがネットで綴る叩きしてる時への共感みたいなリプ等の快感感じてます感まじ卍
ネットで誰かを吊し上げて叩くと快感が得られる – 脳科学者・中野信子氏が解説する「シャーデンフロイデ」という感情◆
 あとで読む。
まーみんな妬む感情があって
バッシングに快感を感じるわけね

妬みを不安要素にかえて
頑張らないとねー

◆脳科学者・中野信子氏がシャーデンフロイデという感情を解説 -
すんげー面白い!!> 脳科学者・中野信子氏がシャーデンフロイデという感情を解説 -
なぜ、バッシングが心地よいのか。
たいへんわかりやすい。 @logmijpから
「妬みの相手がダメージを受けたときの快感は、男性のほうが強く感じているんです。」
なるほどね…
さすがは中野先生、とても分かりやすい
「理想主義的社会」=「理想」の具体的な形は誰も語らないのに「理想的でないもの」は叩く社会
めちゃくちゃ良い記事。
>ネットで誰かを吊し上げて叩くと快感が得られる 脳科学者・中野信子氏が解説する「シャーデンフロイデ」という感情
これは大体同意ですね。人類はフリーライダーに常に頭を悩ませてきたのでしょう。
>日本こそが、そうした戦略が適応的である社会です。これが世界的に見たときの幸福度の低さに反映されているという考え方です。
実社会でもあるよなあこれ汗。………
脳科学者・中野信子氏がシャーデンフロイデという感情を解説 -
すごく実感ある。
「メシウマ」の意味を私は「○○だけでご飯三杯いける」だと勘違いしていた……
ほぇ〜ってなった
メシウマという感情が何故人間にあるのかという考察が興味深い。|
とても面白かった。お話を聞きに行きたかった。
@gaby6100 今回の件だけではないですが、ネット上で誰かを吊るし上げることが人間の脳に快感をもたらすということがあるようです。かくゆう私もある意見に対して反論するとき、やり方を誤まるとこういうことになるかもしれません。
人間って弱い生き物だよね
あるある(^^; だからネット上でリアル幸せ発言は、控えたほうが安全だと思ったり(。。)
「メシウマ」という感情が人間に備わっている意義
メシウマが共同体維持のため生得した特性としたら、この免疫過剰さは社会全体がアレルギー発症してるとも言えるよね
妬みによるいじめは女性社会より男性社会のほうが起きやすいらしい。「嫉妬」の文字を女偏にしたのは科学的にも間違いということか。
妬みを感じたとき、相手の足を引っ張る行動に出やすいかもしれないことを示すデータがあるんです。妬みの相手がダメージを受けたときの快感は、男性のほうが強く / "ネットで誰かを吊し上げて叩くと快感が得られる--脳科学者…" ・精神
むちゃくちゃウケるな、、、
自分がやられて嫌なことをしない人が増えるといいなぁ。

@logmijpより
ああ。。。。やっぱりこの人イエズス会絡んでるんだ...自分がサイコパスの方だろうな。。。
この記事で中野信子先生もおっしゃってて、やっぱりなぁと思った。
そうそう叩いてるひとに「現状の共同体の維持活動にご熱心なことで」と思うのよ。叩いてる内容の是非はおいといて。マクロに見ると集団のホメオスタシスとして一定数「常識に従って叩くひと」が沸いてくるのが必然なんだよねーあーぁ
Twitterでもこの感情に取り憑かれてるかのような人をよく見かける。

@logmijpより
学術的には、そのまま英単語にしただけのようですけれど、「Sanction(サンクション)」といいます。制裁という単語ですね。社会的な制裁が比較的簡単に発動する仕組みが、人間の集団には備わっている、ということになります。
うーむ、それはあるかもなあ。
「シャーデンフロイデ」って言葉を初めて知ったよ。理想的な社会も暗黒の部分が在るんだなぁ…。(´ 3`)
"突出しないように振る舞って、自分の利益はこっそりと仲間内だけでおすそ分け、というのが一番いい戦略"「ネットで誰かを吊し上げて叩くと快感が得られる–脳科学者・中野信子氏が解説する「シャーデンフロイデ」という感情」/Logmi
昔からこんな風潮あるでしょ。いじめとかもそうなんじゃないのかなぁ。
めちゃめちゃ納得。

他人の不倫に口を挟む心理ってこうゆう事なのね。

共同体が理想としてる姿に反した者へ、制裁を下してんのね。
目立たないように、突出しないように振る舞って、自分の利益はこっそりと仲間内だけでおすそ分け、というのが一番いい戦略になります。あんまり希望のない話で申し訳ないようですけども、日本こそが、そうした戦略が適応的である社会です。
これ権力側が、特定の属性の人たちを排除した「理想の社会」を刷り込んだら、あとはみんなが勝手にその属性の人たちを叩いてくれるという構図と同じだよね。 //ネットで誰かを吊し上げて叩くと快感が得られる
ネットがある以上、誰かを叩く、という文化(?)は減らないんだろうなあ・・・
なるほど、と感じた。
この記事超面白い。逆説的に考えると、匿名性の高い空間でも社会性が高い人はとても安定、安心して付き合えるってことなのかな?
怖いー!ネットで誰かを吊るし上げて叩くのは「快感」だから、か。
小さな優越感に浸りたいとか、悲劇のヒロインになりたいとか、いろんな感情があるもんねー。
まあ作品作る人間は作品に全て出て来ちゃう。
因果応報、私も気をつけよっと💦
勉強になりました。
いじめを科学的に理解できるかも
これ、興味深い〜。日本人はねたみによって共同体の異物(フリーライダー)を検出して、共同体を存続させてるのね。
知ってた方がいいと思うやつ。
脳科学者の人の結論は、私がネット社会を観察して行き着いた結論と同じだった(笑)
"目立たないように、突出しないように振る舞って、自分の利益はこっそりと仲間内だけでおすそ分け、というのが一番いい戦略になります。"
なるほど💡と思ったよ。
納得しかなかった。脳科学すごい。なぜ不倫や不適切発言を人は叩きたくなるのかも書かれています。
世間的に叩かれてる対象を社会のためだと言って叩く(制裁する)のってすごく抵抗があるのだけど社会的にある程度組み込まれてるのかな。少なとも意識的にいよう。

ネットで誰かを吊し上げて叩くと快感が得られる--
この記事すごい面白かった /
黒T排除論完全版w >
SNSにおける批判って、顔出したりせず匿名性があったりもするから批判が消えない上に理想主義な思考とかタチ悪いなって思ったけど、リスク冒さず批判や誹謗中傷するようなTwitter芸人が増えることもこういうことなんだろうなって。
シャーデンフロイデが強い上司が集団のためだと言い、個人に犠牲を強いる
そこで "関係ない人が「社会のために」攻撃を始める" という主張を見て、ニーメラー牧師のことを想う。
/ ネットで誰かを吊し上げて叩くと快感が得られる?脳科学者・中野信子氏が解説する「シャーデンフロイデ」という感情
綺麗な切り口。
学校や会社などのイジメも理解できる。
日本は労働者量産社会は形成できるが、進化をする風土がないということ?
「理想主義的要素の強い社会では、自分が何かを達成する、何かを実現するというよりも、なるべくバッシングを受けないようにするのが生き延びるのに最善の戦略となります。」
「ダメだよね」だけで終わらないから中野先生の話は面白いな
中野先生はこういう解説をするときの切れ味が凄まじい
興味深い記事。日本では「自分が何かを達成する、何かを実現するというよりも、なるべくバッシングを受けないようにするのが生き延びるのに最善の戦略」とのこと。この考えが合わないから私は叩かれるのか
結構長いけど、中野さん好きだから後で読むぜぃ( ゚д゚)
理想主義批判、大賛成です。
ものすごいわかりやすい。首がもげるほど頷いたわ
さすが中野先生。「メシウマ = syアーデンフロイデ」かあ。
自分の本音を偽って抑圧し、社会的な「こうあるべき」や「常識」といったものに過剰に適応する。そしてその抑圧は、逸脱者への攻撃へと転化する(自分が我慢しているのに。。。という気持ちと共に)。"目立たな...
インターネット横丁がサンクションを拡張してる
理路整然、納得。
やはり名前あったのか。
関係ない人が「社会のために」攻撃を始める:
うーん、ちょっと話し半分で聞いとく方がいいかなあ。集団社会を維持するために異分子を叩く心理はわかるけど:
不快感を覚える人もいる、民度が低い証拠。→
面白い記事でした。メシウマ状態が快感であるというのは間違っていないという前提で、じゃあどうすべき?と考えるきっかけになる/
数値的な根拠が無いと男女差があるようには思えない。
小学校の時、吊るしあげしてたの女子じゃね?
「バッシングには快感が伴う」。
たいしたものですなあ。やられる側はかないません。
Freude!(Freude!) どこかで見た壁だなぁ
"芸能人の不倫や不祥事を過剰に叩くときに生まれる「シャーデンフロイデ」という感情と、それが共同体のなかで果たしてきた役割" / "ネットで誰かを吊し上げて叩くと快感が得られる--脳科学者・中野信子氏が解説する「シャーデンフロイデ…"
"サンクションのメリット、つまり叩く快感のほうがリベンジのリスクよりも大きい時、これは匿名で叩くという行動の時にリスクが少なくなるわけなので、相対的に制裁行動のメリットは大きくなります。" / "ネットで誰かを吊し上げて叩くと快…"
<拡散希望>まったく関係ない人まで「社会のために」攻撃を始めます→ネットで誰かを吊し上げて叩くと快感が得られる–脳科学者・中野信子氏が解説する「#シャーデンフロイデ」という感情  #オーバーサンクション
>妬みの相手がダメージを受けたときの快感は、男性のほうが強く感じているんです(笑)。
興味深い記事。知人のところに抜粋が載ってて、気になった。
今はちょっと読めないので、
後でゆっくり読みます。
うーん、こういう感情、きっとあるよね。【 @logmijp さん】
「村八分」「鎖国」の根源は人間の脳の働きによるもので、日本人は特に発達してしまったのかな?
へー。もともと人間は進化の中で種の保存に大切な共同体を維持するため、他者への制裁に快感を覚えるようになっているのか。男性が特に。「僕には妬みがない」なんて嘘つき。 >ネットで吊し上げて叩くと快感 –脳科学者・中野信子氏が解説
めちゃくちゃわかりやすくて面白い
シャーデンフロイデって「他人の不幸が嬉しい」って意味のドイツ語らしい。そんな単語があるってドイツ怖い。「メシウマ」だな。
おもわず「わかる・・・」って声に出たよね。
呪詛は帰ってくるよ~「与えるものが受け取るもの」
妬みの相手がダメージを受けた時の快感は男の方がより強いと…。笑 この感情は人が生きていく上で必要だった為脳が快感を与えるようになった。……
某音楽フェスの騒動でも、シャーデンフロイデと言う感情を持った人がいたんだろうな。
やっぱりかという感じ。
面白い、つまりストレス発散
恐ろしい「目立たないように振る舞って利益はこっそり仲間内でおすそ分けが一番いい戦略」「日本こそそうした戦略が適応的な社会。世界的に見たとき幸福度の低さに反映」ネットで誰かを吊し上げて叩くと快感が得られる–脳科学者・中野信子氏解説
「共同体を作るということが、ヒトの唯一の武器であったといってもいいかもしれません」>  @logmijp
これだからフロイトの末裔は嫌いだよ。
僕を吊し上げて~
でも、排除(通報含む)をしないで~
俺はそういうの感じません
>
最近感じていたモヤモヤの解決に繋がりそうな記事。

人間はそういう生き物なんだと思うと少しスッキリした。
なるほど!みんな、オイらのこと吊るし上げてエエよ!
シャーデンフロイデ……美しい言葉だなwww
理想主義社会がファシズムにつながると感じた。共同体存続のために妬ましい逸脱者を叩いて快感。
「愚痴ばかりなのは貴方が一生懸命でないからだ」というメッセージを思い出す。/
イジメみたいにずっと続いているものは続くなりの理由があるよなとは思ってたけどこれは納得感ある。
さっきの、パトレイバーの内海が言ってたことを発展させた話だね。/
猿の本能。
@logmijp
「実は男性のほうが、妬みを感じたとき相手の足を引っ張る行動に出やすいかもしれないことを示すデータがある」
後半のフリーライダーについての記述が興味深かった
こちらのPTAはボランティア制ですが、ボランティアを全くしないひとに不満がある人もいると聞いています。さすがにバッシングは聞きませんが、、、
シリーズの他の記事も面白い
ロジカルでとてもよかった。こういう記事ばかり読んでいたい。
個人的には「人類が共同体を作る意義」のところが興味深い.
吊るし上げるならオレ氏にしろ!
それでおまいらが快感になるなら!

、、、ごめんウソ、
やっぱり耐えられそうにない(´;ω;`)

/ネットで誰かを吊し上げて叩くと快感が得られる–脳科学者が解説する「シャーデンフロイデ」という感情
これに関しては基本腹落ちである。
「こうした理想主義的要素の強い社会では、自分が何かを達成する、何かを実現するというよりも、なるべくバッシングを受けないようにするのが生き延びるのに最善の戦略となります」
私の中のシャーデンフロイデに嫌悪するとともに、社会の存続に必要なものと言われると考えさせられる。→
"「(シャーデンフロイデ)」という用語もありまして、これはドイツ語なのですが、いわゆるネットスラングの「メシウマ」というのが一番ぴったりくる、そんな概念です。メシウマ、って「他人の不幸で今日もメシがウマい」の略なんですよね?"
@logmijp
「メシウマ」の感情は種として生き延びるための武器と。「それを感じない」という人は痴呆か鈍感かサイコパス
メシウマってネットならではよね(^-^)/ 「メシウマ」の感情にはどんな意味がある?
理想主義的な要素の強い環境は、とても制裁行動が発動しやすい環境なんです/  @logmijpから
炎上ってすごく面白い現象なので、脳科学とかネットワーク理論とかとを統合した炎上理論がまたれる /
異なる意見がある場合はグレーゾーンとかDMZって必要だと思う。
"目立たないように、突出しないように振る舞って、自分の利益はこっそりと仲間内だけでおすそ分け、というのが一番いい戦略になります。(略)日本こそが、そうした戦略が適応的である社会です。"
😩なんでだろうね。こういうのやめよう。>
❏ 「理想主義的な要素の強い環境は、とても制裁行動が発動しやすい環境」「理想主義の本質的な姿です」
(一部理由)快楽に溺れたものをネタに快楽に浸る。
ある意味似た者同士。どっちもどっち。w
「シャーデンフロイデ」と「モラルハザード」に陥ることだけは避けなくてはならないな。もしそうなってしまったら、ここにある価値はない(むしろマイナス)。
以上

記事本文: ネットで誰かを吊し上げて叩くと快感が得られる--脳科学者・中野信子氏が解説する「シャーデンフロイデ」という感情 - ログミー

関連記事

画像で見る主要ニュース