TOP > ネタ・話題・トピック > LINE BLOG > キングコング 西...

キングコング 西野 公式ブログ - ブラック企業の作り方 - Powered by LINE

46コメント 登録日時:2017-09-11 19:09 | LINE BLOGキャッシュ

以前から、「過労自殺」という悲しい道を選んでしまう人や、「ブラック企業(労働)」に苦しめられている人達に対して、正直、「辞めればいいのに」という気持ちがあった。僕の知り合いにも、そういう人がいたので。ただ、当然そこには「辞められない理由」があるわけだ。いや...

Twitterのコメント(46)

ブラック企業、ブラックバイトの本質を見事についてる。
西野さん、本当にめちゃくちゃ頭いい人だったんだな。新刊予約しよ。
@taro_929
最近キンコン西野が書いた記事です〜!
少し参考になるかと🤞
「奴隷を効率良く繋いでおくには、奴隷全員を顔見知りにさせた後、奴隷全員で力を合わせて、ようやく持ち上げることができる巨大な石を頭の上で持たせることだ。」
職歴が多くても別にいいってずっと思ってたけど、自分の意見として自信がなかった。西野はすごいな。
とてもわかりやすい!
仕事なんてナンボでもある。
@burakosuyoshi この記事を読んで思ったことです。
まず、前提の認識が変わらないとだね。
"ブラック企業は、一つの会社、一人のワンマン社長だけで作っているわけではなく、
「途中で投げだすのは最低」
「すぐに辞めるなんて天狗」
「残された人が可愛そう」
という部外者の声の蓄積"
毎回すげぇイイこと(当たり前のこと)書いてあるな!俺も、前職抜けるときは恐ろしいほどプレッシャーと人間の尊厳を傷つけられたけど。結果として、凄く良かったし、イイ方向に変わった。
辞めるって言ってからも大変!
響いた。
面白いことしよう!
有志で集まってやってるイベントを抜けていった仲間に腹立てた自分を思い出した。

岩担いで、周り興味なくなってる自分危ない思います。

自分なりの自由な方法で信用されていきたい。
追記するならば、辞められない理由としては、業務引継ぎをする社員に今以上の負担をかけてしまうため
当然補充なんかしないから
嫌ならさっさと辞めましょう。
我慢するからブラック企業がなくならん。
"今、ツライ目に遭ってるヤツ。ウチに逃げといで。"
"社会全体で奴隷を作り上げているという話"→
確かにその他大勢の意見に流されるロボットみたいな人多いな~
>責任は、途中で辞めたヤツではなくて、途中で辞められてしまうようなモノしか提供できていない自分にあると思っている。
マネジメントに関わる皆さま、これです。
口悪いなぁとかそこまで言っていいのかって思うところあるけど、これぐらい素直に自由にやって行きたい
〝精神的に追い込まれたことによる「判断力の低下」があるわけだ。″

今の自分だ。仕事で毎日クタクタになるまで働くと、何をどう判断したらいいのかとか、全然わからんくなる。やばいな。
やりたくない仕事はやりたくない。その裏には自分の信念がないといけないんだよなと思う。私の足枷になってるものって何なんだろう。やりたいことをやらなきゃなぁ。
転職王の僕でも転職する時は悩むくらいだから転職経験がなかったり、少ない人はより悩むんだろうな。転職の相談は同僚にはできないし、次の仕事が簡単に見つからないかもしれないし。
迷惑をかけたくないから辞められないは確かに多そうです。ブラック企業の中にもいい人や波長の合う人がいたら迷惑かけたくないと思ってしまうでしょうね。 /
結局はそこに行き着くんだよね。
ブラック案件で経営者許せんだとか抜かす奴も結局は奴隷崇拝に加担してる。
プペルの案件が炎上したことでそれがよく分かった。
未だ根強い高度成長期神話と精神論の呪縛。

キングコング
ありんこのつぶやき。本当にその通りだよなぁ。子供たちが、青年になってもし、いつか迷うときが来たら、こういう発想を信じてしっかり羽ばたいてもらいたい。とりあえず私は、半年後復帰したら、今会社にある、ブラックな発想とは徹底的に戦う所存。
キンコン西野の今日のこの記事読んだら何か同じ考えだなぁ、前に似たような事ツイートしたなぁって思ったわ。
いやぁ、全く同意見。
生まれてきてからの環境によって「逃げたら負け」の意識がインプットされ刷り込まれていてそれが当たり前の様にごく自然になっているのに気付いた。
「あなたの為に言ってるんだから」は詭弁だ。
合わない・無理と思ったら、私は辞めるから履歴書は記入欄が足りない😅
二足のわらじがどうとか聞くけど、自分が楽しいからやる!って思った事は、どんなに叩かれようが続けてるし、1本に絞る考えはないかな。
@nishinoakihiro
いつも元気をもらいます。会議を見せるテレビも本当におススメ
僕も1社目を辞める時、散々「逃げるのか?」って言われたけど「そっちから見たら逃げてるように見えるかもしれないけどこっちの人生は続くんだよ!タコ!」と言えた。けどそうじゃない人もいるんだなぁ…あ、2社目は逃げるように辞めました(笑)
読んでみると確かにというところもあるね。俺は今はかなり幸せです!
ブラック企業で苦しい人が少しでも減るとええなー。
辛い目にあってるわけではないけど西野さんと働きたい
でももっと言うならトンボさんと働きたい
スタッフさんイベント設営・早く済んだよ飲み会、終了。別スタッフはクラファンでopenしたカフェで店長の誕生日を祝う会中。私はコレに気付いて慌ててマックカフェでツィート。やさしい事ばかり書いてるのに…寂しそうで、辛そうで。
こんな考えを持って発信して下さる方がいるだけでも本当に感謝だと思う。
苦しんでる人たくさんいるから。
ガチで素晴らしい話→
根本的に変えていくにはまだまだ時間がかかるだろう。

でもこーやって逃げてもいいんだよ。いつでもおいでよって駆け込み寺を作ってくれるだけで救われる人は沢山いるはず。
広めなきゃな。
キングコング西野さんのこのたとえはまさにその通りだなって思う。自分自身もブラック企業にいた時に抱いていた感情だった。きっぱり辞める決断と転職という着実な行動が大事だなと。
ブログ読めば読むほど好きになる。
「会社は最低3年勤めろ」と言う。キンコン西野氏みたく3日で辞めると文句を言われる。ただ僕は3日で辞める人を、「普通の人はブラックかどうか見抜くのに3年もかかるところ、わずか3日で見抜いた優れた危機察知能力の持ち主」って考えてる。
本当に参考になる。
というか、その通り!って思う。
で、世の中的には「西野さんを叩いて炎上させるのが正義!」みたいな意味不明な風潮がある。
根本的に会社って組織はおかしい(所が多い)
最後、かっこよすぎる……

QT @nishinoakihiro: ブラック企業の作り方
西野さんは年下。でも年とか関係ないな。言うことがいちいち刺さってくる。絶対この人と話合うと思う。一緒に飲みたいわー。
つーか、一緒に仕事してみたい。
西野さんとこ行きたいな
今、ツライ目に遭ってるヤツ。

ウチに逃げといで。

酒飲みしかいないから、ピンチなんだ(*^^*)

この最後の一文に号泣してる私。。
なんでだ。
なんでこんなに優しいんだ西野サン。
来年は準備して手をあげるんだ‼️
昨年ブラック企業身も心も壊したあの悪夢はサヨナラしたから。
これからは、奴隷ではなく失敗を含めた上でチャレンジするんだ‼️
以上

記事本文: キングコング 西野 公式ブログ - ブラック企業の作り方 - Powered by LINE

関連記事

画像で見る主要ニュース