TOP > ネタ・話題・トピック > LINE BLOG > 犬山紙子 公式ブ...

犬山紙子 公式ブログ - 若い女子の罪悪感につけこむおじさんについて - Powered by LINE

33コメント 登録日時:2018-01-12 06:52 | LINE BLOGキャッシュ

こんばんはー!久々にブログを更新してそれがこんな内容なのも……という感じなのですが、若い女子には特にシェアできればと思い書いております。タイトルの「罪悪感つけこみおじさん」 ですが、結論を言うと若い女子に心の負債を背負わせて、体の関係に持ち込もうとするお...

Twitterのコメント(33)

罪悪感につけこみたいおじさんvs食事だけでなく物も狙いたい女子 ファイッ
年上に奢られたら、今度は年下に奢ってあげたらええんやで。それがお返しになるんや。 /
なるほど。安易に若い子に飯おごらないように気をつけよう /
男の奢りで女性をご飯に誘うのは卑怯な行いなのか・・・そいつは驚きだ。これは罪悪感を与えない為にも仮に高い店であっても割り勘じゃないといけませんね。男性からの奢りはアウトってことで。
まあおじさんたちも魅力がないから頑張ってそゆのも利用してくるんでしょ。いいとは思わんが世の中には悪意があることは知っておいたほうがよかろうな……。 /
> なんで奢ってくれるかというとセックスしたいからであります。
わろたww
昨日の話、コレ
男女年齢固定に違和感はあるけど /
口説くこと自体は良いと思うのでもやもやする。後で読み返します。 /
おっさんが会社の上司や取引先のお偉いさんの場合、そんなサクサク断れるものじゃ無いやろね。はあちゅう氏の案件もそうだけど。 /
好きでもないおじさんとご飯行ってるうちは、男女同権とか主張するのやめような^ ^
逆に、推奨されてる、奢らせるだけ奢らせて「知るかホーイ」ってのはおっさんの下心につけこみタダ飯ゲットのお嬢さんってことになるけどな。それはおっさんが100悪いってことになるのかね? /
奢ると提案してきたのはおじさん側で、金のあるおじさんは奢ること自体に喜びを感じるので、女性の皆さんは後ろめたさを感じることはないのです。 /
併せて読みたい「東京いい店やれる店」(ホイチョイプロダクション)。まあ昔から小金が使えるおっさんの手口だよね /
若い女性はこういうことには気をつけてほしいと思うが、高い店のステータスがほしい欲については、無罪放免か? /
まぁ、基本的に「ただより高いものはない」で終わる話かと。 /
"こんな卑怯な方法じゃなくて正々堂々と口説けばいいのに"そうしたらそれはそれでいろいろ言うんだろうし、その人の魅力で~なんて言ってるあたり「キモいオッサンには誘われたくない」ってだけじゃないの /
奢るから行こうよ、と言って誘うの普通なんですかね。お会計の時に今日は出すよ派。論点違うけど。 /
最近だと軽くもらうようにしてる。そして金持ちの一万と女の一万が違うという考え嫌い。その立場になるのにどれだけ苦労してきたか。 /
どうしても被害者にも責任があると言いたい層は一定数居るものなんだろうなぁ。無意識のうちにかかっている制限、環境的な心理要因から生まれる一種の脅迫。そういうのが積み重なっていると考えると怖い。 /
(ヽ´ω`)…パパ活なるものが明示化された現在、何年前のエントリかと思ったけど
"こんな卑怯な方法じゃなくて正々堂々と口説けばいい" 高い食事をおごるぐらいしかできることがないのでは。まぁ、わかってるとは思うのだけど(苦笑)。
え、一般的な若い女性って金か権力のあるおっさんに誘われたら、全くその気が無くてサシでも食事行ってくれるんですか? /
批判あれど、こんな港区おじさんと港区女子いる。港区おじさんらの詳細に関しては東カレに任せる
割とマジで年下の女性とご飯行っておごるのが「卑怯な手段」だとしたら、正々堂々と口説くってどうやるんすかね? /
「高いご飯を何度も奢ってもらわなければいいじゃん、自分で払えば・・・」って思うの俺だけ?
テレビだとそうでもないけど、ネットだとこうなのかこの人。 /
経費でばんばん落とした金で飯を食うのに罪悪感を感じるのならそのおじさんの勤務先に通報するんだ。 /
いるいる~~~~~~ごはんおごりオジサン妖怪
おごられるのが前提だから問題になる。おじさんにこちらがおごればよい /
高いごはんを奢ってもらわなければ解決するのでは /
これもある種の性暴力だと思う。
ビジネスの世界でもそうだけど、ご飯おごって見返りを期待する文化なくなってほしい。
「個人的には、法に触れてるわけではないけど、こんな卑怯な方法じゃなくて正々堂々と口説けばいいのにと思うわけです」/
以上

記事本文: 犬山紙子 公式ブログ - 若い女子の罪悪感につけこむおじさんについて - Powered by LINE

関連記事