TOP > 科学・学問 > ロシアの国境を守...

ロシアの国境を守るために作られた、ロシア軍所属のハイブリッド・ウルフドッグ「ヴォルコソブ」 : カラパイア

27コメント 登録日時:2016-04-13 11:34 | karapaia.livedoor.bizキャッシュ

オオカミとイヌの長所を併せもった生き物を追い求めるのは、価値あることだが、満足な結果を得るのに、長年の研究と試行錯誤が必要だった。ドイツのケルン大学で200頭以上の交配種が育てられていたが、人間に対して極端に警戒心を示す典型的なオオカミの特徴のほうが強く出てしまい、うまくいかなかった。しかし、ロシアの研究者と動物専門家が、2000年についに突破口を開いた。 成功の秘訣は、...

Twitterのコメント(27)

@karapaiaから
動画だけ見ればいいと思うます!
このウルフドッグは非常に優秀なんだね。犬の6倍の嗅覚!でも人間のエゴの為に従順に仕事をするのは複雑…軍用イルカ同様辛いわ😭
ヴォルコソヴ怖っ!!でもかっこかわいいな
『ベルカ、吠えないのか?』を思い出すような話。
さらに遺伝子操作して火器も使えるようにしたらロマンがある
まるで谷口ジロー「ブランカ」の世界だ。
かわいい( ´艸`)
カ、カッケェ… (;゚Д゚)
@karapaiaより
国家が管理する犬種ってすごいのう
←最強のK9部隊。かっこよすぎ
ヴィンラディン殺害のときも米軍の軍用犬が投入されたけど、どんな犬かは軍事機密だから公開されてないんだよね ⇒
怖いけどかっこいい。
こういう生物兵器みたいな生き物の忠義、一途さ、悲しさ。任務を終えた時、この子たちは普通のわんちゃんに戻れるのかな。
これは、よい面構えしたわんこ
を見て凄く描きたくなって描いた。
わんわんおうかみとか浪漫やんけ…
ハイブリッド・ウルフドッグ「ヴォルコソブ」
ウルフドッグよりさらにオオカミらしい…。いや、ほとんどオオカミの顔つきと被毛にわしの心がお祭り騒ぎ
さすがロシア。動物大好きプーチンなら、惜しみなく予算投入してそうだよなぁ(笑)
/ こういう強そうな犬(?)ほどモフりたい。
「ベルカ吠えないのか?」案件
なにこれかっこいい
見た目は犬の目だから優しそうには見えるんだけどな…(^^;
カッコ可愛い…カッコ可愛い……/
かっこいい!ろったまが従えてそうこわい
@S_mafia_00
おぉ・・・・クレーストで何匹か飼ってそう(˘ω˘)
ディスカバリーチャンネルでやってた「ザ・マンハント」のポーランド編で追いかけてたのはこのコたちかしらw
地球上の居住地域の8分の一を占め、世界最大の面積誇る国、ロシア。
以上

記事本文: ロシアの国境を守るために作られた、ロシア軍所属のハイブリッド・ウルフドッグ「ヴォルコソブ」 : カラパイア

関連記事

画像で見る主要ニュース