TOP > 科学・学問 > カラパイア > 廃棄された列車内...

廃棄された列車内で生まれたマヌルネコの赤ちゃん。母親とはぐれた為人間の手による子育てが開始される(ロシア) : カラパイア

16コメント 登録日時:2018-09-14 12:20 | カラパイアキャッシュ

 マヌルネコの赤ちゃん、ダーシャちゃんがロシア、ザバイカル地方に設けられたダウルスキー自然保護区の草原でミャーミャー泣いているところを保護された。まだ生後1ヶ月にも満たなかった。 マヌルネコはふわふわした被毛と横に平べったい体が特徴的な、シャイで、つい...

Twitterのコメント(16)

ぎゃんわいいいいいい;;;;;手乗り…乗せたい… |
@remztp カラパイアのこの記事みたら子猫のまんまるさがあんまりにも可愛いんでふたりに保護してほしい欲が…。でも今回で明確にわかったんですけどわたし漫画苦手…。
・・・えー、こっちのダーシャの方が万倍かわええ
マヌル先輩……😭
半端なくかわいらしい姿だが本来一人で生きていくような猫らしい。人の手で育ってしまった後で厳しい野生を一人で生きられるのだろうか・・。
まぬるねこ
可愛いいい😆
無事に野生に還れることを願います。
インスタで見てる子はこの子のことか…
かわいい(´ω`* )がんばれー。
マヌルネコマンの動画はよ! /
成長記録可愛すぎだろ…🤗
マヌルネコは子猫の頃から、あの独特な風貌の片鱗があるのねぇ。
マヌルネコさんが可愛すぎる件
かわいい…幸せに暮らして欲しい-【廃棄された列車内で生まれたマヌルネコの赤ちゃん。母親とはぐれた為人間の手による子育てが開始される(ロシア)】
うーんかわええ…上手く野生に帰れるとよいね…(*ё_ё*)
以上

記事本文: 廃棄された列車内で生まれたマヌルネコの赤ちゃん。母親とはぐれた為人間の手による子育てが開始される(ロシア) : カラパイア

関連記事