TOP > 科学・学問 > カラパイア > アフガニスタンで...

アフガニスタンで大勢の人を救ってきた軍用犬が、任務後安楽死の危機に直面。兵士らが犬たちを救うための嘆願書を提出(イギリス) : カラパイア

10コメント 登録日時:2017-12-04 11:38 | カラパイアキャッシュ

 かつてアフガニスタンで無数の命を救ってきたイギリスの軍用犬2匹が、里子に出すことが困難との理由で殺されようとしている。 ベルジャン・シェパードのケビンとダズは、ヘルマンド州で爆発物探知犬として活躍した後、4年前に引退した。その後彼らは「安全ではない」と...

Twitterのコメント(10)

「追記」でホッとした。ちゃんと追っかけてるのカラパイアさんえらいな。
> 請願書の発起人である元SASのアンディ・マクナブ氏は、ケビンとダズ(ともに9歳)のほか、同じく安楽死処分が決定された元警察犬のドライバーの命も救おうとしている。

ブラヴォー・ツー・ゼロの人じゃん。
こんな奴らにクジラを殺すからジャップはどうのこうの言われるわけですよ。レイシズムって怖いねwww
ペットと違ってフレンドリーではないから危険だ?そうしたのは誰?身勝手にも程がある。
幸せな余生を送らせてあげたい…
人間のために一生懸命働いてくれたのに安楽死させるなんて可哀想やんけ…。なんとかしてやりたいなぁ。
以上

記事本文: アフガニスタンで大勢の人を救ってきた軍用犬が、任務後安楽死の危機に直面。兵士らが犬たちを救うための嘆願書を提出(イギリス) : カラパイア

関連記事

画像で見る主要ニュース