TOP > 科学・学問 > カラパイア > ADHD(注意欠...

ADHD(注意欠陥・多動性障害)と睡眠の関係。ADHD自体が1種の睡眠障害とする説が唱えられる(米研究) : カラパイア

12コメント 登録日時:2017-09-29 09:10 | カラパイアキャッシュ

 ここ20年の間、アメリカの親や教師たちは子供の病的なまでの集中力の欠如や衝動的な振る舞いについて報告してきた。関係者はこの症状に注意欠陥・多動性障害(ADHD)と名付け、国家の危機としてその対策に膨大な費用を投じている。 アメリカでの動きは日本にも広まりつ...

Twitterのコメント(12)

昨日のツイートとちょうど被るのですが、やはり関係はあったのですね。早く具体的な関係を示して欲しいばかりです🙋
くだらない説だなぁw
ADHDが睡眠障害ではないかとする説。
睡眠時無呼吸症候群かかえる友人がCPAPとか試したら、ADHDの症状改善したりして。

@karapaiaより
もう学校も仕事もお昼からにしようず


>睡眠障害の子どもがADHDになる可能性は40~100パーセント
ADHD(注意欠陥・多動性障害)と睡眠の関係。ADHD自体が1種の睡眠障害とする説が唱えられる(米研究) 長女、2歳の頃から日付回っても寝なかったよ…。昼寝もしないし。毎日保育士に躾について言われた。
睡眠障害の子どもがADHDになる可能性は40~100パーセント

というあたりに違和感を感じた。
最近の子どもはいつまでも起きているな、とは感じる、 /
これを短絡的に解釈すると、人間(特に子供)は、質の良い睡眠をとっていないと、日中の行動が注意欠陥、集中力欠如になるてことか?
以上

記事本文: ADHD(注意欠陥・多動性障害)と睡眠の関係。ADHD自体が1種の睡眠障害とする説が唱えられる(米研究) : カラパイア

関連記事

画像で見る主要ニュース