TOP > 科学・学問 > カラパイア > 2本足の猫。カン...

2本足の猫。カンガルーキャットと呼ばれた子猫は今、愛をふりまく存在に(アメリカ) : カラパイア

16コメント 登録日時:2017-09-15 11:42 | カラパイアキャッシュ

  前足に障害があり、他の猫のように4本足で歩くことができない猫のカンガは、3年前、アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコにある動物病院に運ばれた。 当初安楽死させるしかないだろうと思われたカンガだったが、心優しい女性の手伝いもありSaving Grace Rescu...

Twitterのコメント(16)

めちゃんこかわいい
人類滅亡後の支配種族、猫人類(にゃんじんるい)のミトコンドリア・イブなんや!
いい話だなあ。人間も見習って欲しい
2本足の猫。カンガルーキャットと呼ばれた子猫
化け猫めいた姿勢にも見える。
2 本足の猫。カンガルーキャットと呼ばれた子猫は今、愛をふりまく存在に(アメリカ) :
いかん、泣けてくる
もしかしてこれ"進化"なんじゃね?
涙腺弱くなったおじさん、成長し、頼られる存在にもなったカンガにほろり
カンガ姉さんかわええ(*´ω`*) /
リアル猫のアイルー化が進むw
ヘクターさん…!
肩周りの筋肉量がやっぱりぜんぜん違うな
※障害というけど、遺伝的な要因だから突然変異の一種だよね。人類の発祥もこんな感じだったのかも。
以上

記事本文: 2本足の猫。カンガルーキャットと呼ばれた子猫は今、愛をふりまく存在に(アメリカ) : カラパイア

関連記事

画像で見る主要ニュース