TOP > 科学・学問 > カラパイア > アメリカでは女性...

アメリカでは女性が馬に乗って本を届ける時代があった。女性図書館員「ブックウーマン」(1940年前後)【トリビア】 : カラパイア

12コメント 登録日時:2017-10-22 07:36 | カラパイアキャッシュ

 第二次世界大戦前の1940年前後、アメリカでは女性図書館員たちが馬に書籍を積み、その本を読みたい人の元へ運んでいたという。 彼女たちは"ブック・ウーマン"として知られていた。 馬に鞍をつけ、たいていは夜明けに出発して、雪の積もった丘の中腹やぬかるんだ小川...

Twitterのコメント(12)

@sk_hollyhall この記事とあわさって何かが爆誕しそうですw
アメリカでは女性が馬に乗って本を届ける時代があった「たいていは夜明けに出発して、雪の積もった丘の中腹やぬかるんだ小川を延々と行く。その目的はただひとつ。ケンタッキー州の人里離れた山岳集落に本を届けるためである」 : カラパイア
心温まる話。写真もとても興味深い。
キノの旅的なイイカンジの作品のネタになる予感
「馬で本を運ぶ移動図書館(パック・ホース図書館)の活動は、フランクリン・ルーズベルト大統領が設立したWPAつまり雇用促進局(のちに雇用対策局に改称)の一部」「本のリクエストを満たし、文字が読めない者に読んできかせてあげることも」
シビれますねブックウーマン!
ときには子供たちに読み聞かせした、とか映画か小説にできそう。映像的にも絵になりそう。> アメリカでは女性が馬に乗って本を届ける時代があった。女性図書館員「ブックウーマン」(1940年前後)
失業対策とはいえ、これは職業としては成り立たないだろ…。🤔
お話の題材になりそう。映画で見たいなぁ。地味そうだけど。

「アメリカでは女性が馬に乗って本を届ける時代があった。女性図書館員『ブックウーマン』(1940年前後)」カラパイア
"「彼女たちが持ってきてくれる本は、わたしたちの命を救ってくれた」"
以上

記事本文: アメリカでは女性が馬に乗って本を届ける時代があった。女性図書館員「ブックウーマン」(1940年前後)【トリビア】 : カラパイア

関連記事

画像で見る主要ニュース