TOP > 科学・学問 > カラパイア > そして昇華とかか...
15コメント

これまでシリーズでお伝えしているパノラマ撮影の失敗画像シリーズだが、これらはスマホの写真撮影機能にあるパノラマ撮影において、手ぶれしちゃったりするときに起こりがちな現象である。 だが逆に失敗したほうが面白かったりするのだから困ったもんだ。時空が歪んで...


Twitterのコメント(15)

こんなんなっちゃうのっw? →
ハライタイwww
これはなかなかの気持ち悪さ
シュールレアリスムっぽい。
ジョルノ、ミスタ、警戒しろッ! 新手のスタンド使いだッ!
おもしろすぎて無理
「心霊写真」という概念が存在できなくなったのも納得。/
吐くかと思った。実写版『フランケン・ふらん』か。
パノラマモードの失敗が生む芸術?こういうの撮って見たい◆
いちおワンクッション置いとこうかなドイヒー画像集。笑えるグロ画像在中。
次元W…!
以上

記事本文: そして昇華とかかよ!?パノラマ撮影の失敗が引き起こした時空トラベル【Part 4】 : カラパイア

関連記事

21コメント 2016-06-26 23:36 - jin115.com

9位 野生 (「黒子のバスケ」火神大我の技術) 10位 蒸気暴威(じょうきぼーい) (「NARUTO -ナルト-」鬼灯幻月の技) ちなみに16位に超ゴールデン中華斬舞(シャーマンキング)とかめはめ波(ドラゴンボール)がランクインしてました。 1位は同タイトルのカードゲームが人気継続中の『遊☆戯☆王』から「城之内フ...[続きを読む

画像で見る主要ニュース