TOP > 科学・学問 > カラパイア > 忘れ去られていっ...
13コメント

清掃前後の墓石と故人の生涯をシェア ルミッシュは作業を終えるたびに、墓石の清掃前後の写真をFacebookやInstagramでシェアし、自力で調べた故人の略歴などを添えている。 国のために尽くしてくれた兵士たちへ敬意を表するためだ。 自分とは縁もゆかりもない元軍人の墓石を単に美しくするだけではなく、なおざりにされていた彼らの生涯を記憶に留めつつ、心を込めて作業を行っているのだ。 ルミッシュの...


Twitterのコメント(13)

どの国でも国のために戦って死んだ方々へ敬意を払うのが普通の考え方だと思います。身内を悪者扱いする風潮はどうかと思います。
アメリカのお墓の素材って何?清掃後の綺麗になりっぷりにびっくり。良い話でもあるし良いPRでもあり、良い。
@karapaiaより
米軍人みたいに現在進行形で紛争地帯で死んでるところは重みが分かるんやろ。誰が為に死んでいった軍人さんの事を。
日本もこれは見習わなあかんで
軍人たちも嬉しいだろうな
この人が墓石の汚れ落としに使っている洗剤のメーカーが彼に無償で提供すればいい宣伝になるのになぁ
ここまでしてくれていてもやはり無償。うむむむ。
尊い行いだ。
ビフォーアフターがすごい…素敵な人だヾ(。>﹏<。)ノ゙
以上

記事本文: 忘れ去られていった米国軍人たちの墓を清掃し続ける男がいた(アメリカ) : カラパイア

関連記事

22コメント 2015-12-17 07:51 - www.nikkan-gendai.com

「私が軍隊(海兵隊)に入ったのは、善良な活動をしたかったからです。しかし、間違いでした。基地はいらない。戦争はもうたくさんだ。この基地の中にいる兵士たちに言いたいのは、もっと上官に質問しろということです。何のために、私たちは戦うのか? この基地や作戦は本当に必要なのか?」 今月14日の早朝、沖縄・辺野古の新基地予定ゲート前で、米国の元軍人、マイク・ヘインズ氏はこう言って訴えた。 彼は「...[続きを読む

画像で見る主要ニュース