TOP > 科学・学問 > カラパイア > 病気で激やせして...
15コメント

1年ほど前、シェーン・ゴッドフリーさんは庭先に捨てられていた子犬を見つけた。彼はその愛らしい子犬をウィリーと名付けて育てることに。それ以来ずっと一緒に過ごしていた。 インフルエンザから別の病を併発。長期にわたる入院で激やせ だが、シェーンさんは今年インフルエンザにかかったことをきっかけに肺炎、腎不全、さらには敗血症を発症してしまい、なんと5週間も入院することになって...


Twitterのコメント(15)

ここから
@karapaiaより

泣きそう。。。
いぬのこういう所ずるいわ。泣いちゃう。
犬のこういうところは、ほんと可愛いな。忠犬ハチ公の逸話も本当だろうと思えてくる。
こんなん泣くわ

@karapaiaより
一日のスタートはこんな和みからどうぞ・・・
@karapaiaより
涙腺が決壊しました( ;∀;)長生きしてね!
「…!!Σ(゚Д゚)」からの展開がものすごいw
匂いを嗅いで主人だと分かった瞬間の喜ぶ姿は泣ける。この人の優しさも十分伝わる。
@karapaiaより こんなん泣いてしまうやん
見た目ではわからなかったけど、匂いですぐわかった!さすが犬だ(笑)。
@karapaiaより

‼️ おとぅさんやんかいさぁ〜!
犬はやっぱり鼻だね( ´ー`)→
先日、米ノースカロライナ州にて、捨てられていた子犬と幸せに
以上

記事本文: 病気で激やせしてしまった男性が退院。愛犬は自分のことを認識してくれるのだろうか?その反応は・・・ : カラパイア

関連記事

27コメント 2015-12-07 09:06 - karapaia.livedoor.biz

Reencontro Emocionante! Cao aguardou tutor por 8 dias em frente ao Hospital. コスタが病院に入院してからというもの、セコは病院を離れることができなかった。毎日病院の駐車場でじっと動かず、コスタが出てくるのを待っていた。この病院では動物を病院内に入れることは禁止され...[続きを読む

画像で見る主要ニュース