TOP > 科学・学問 > カラパイア > 画像加工一切なし...
17コメント

影が消えるラハイナ・ヌーン現象 影が消えるのは、太陽がまさにちょうど真上に上るからだ。現地の人はこの現象をラハイナ・ヌーンと呼んでいる。 この現象はハワイで年に2回見ることができる。 だが、何もハワイでしか観測されないわけではない。これが起きる位置は地球の自転とともに移動しており、現在なら海か砂漠のど真ん中か、ひょっとしたら誰も気がつかないような辺鄙な場所かもしれない。 この位置のことを太陽直...


Twitterのコメント(17)

太陽が文字通り「真上」に来ることで影が消えるという話。1年に2回しか見られない珍しい現象らしい。
超常現象の画像や動画を見て何の根拠もなくCGだと言う人たちはどう思うのだろうか。実際には偶然や記憶違い、見間違いなどが多いのだが
うーん、この写真だけだとなぁ。
いや、そう言う現象があるのはわかるけど、この程度の写真なら条件さえ整えれば国内でも撮れそう

@karapaiaから
錯覚が起こる
すごい!すごい!!きもちわるい!!!w >>
漫画やアニメではリテイクの対象になってしまいそうですねw
わぁ〜面白いなぁ この浮遊感
おもしろい。厳密にじゃなかったらわりと高頻度にみれるだろうけど。
すげー!!😮

ラハイナ・ヌーンって
ラハイナセーラーのラハイナやんなー?
どういう意味?
教えてGoogle先生!
見てみたい(´▽`)!
これが「スゴイ」って最初に気がついた人がスゴイね。 /
こういう初代プレステのゲームある:
太陽直下点。知ってた。
↑日常の神秘やね。備忘録。
「どうせ加工したんだろ?」最近のムードなら言われがちだが、この写真、画像加工は一切して
以上

記事本文: 画像加工一切なし。突如影が見えなくなる「ラハイナ・ヌーン」現象とは? : カラパイア

関連記事

84コメント 2015-09-13 00:11 - tabi-labo.com

人間の目。そこに極限まで近づいていくと、驚くほどに繊細!火山の火口のようにも、月のクレーターのようにも、プラズマ波の中をワープしていくSF映画のような世界でした。 茶色の人もいれば青みがかった人もいますが、よく言う“黒目”の部分、ここは 虹彩(こうさい)と呼ばれ、その中心(正確にはその奥)に水晶体へと続く瞳孔があります。目の色のバリエーションは、この虹彩のメラニン色素の割合によって変...[続きを読む

画像で見る主要ニュース