TOP > 科学・学問 > カラパイア > これどんな天変地...
19コメント

これは超高層雷放電と呼ばれるもので、高度20~100kmの成層圏・中間圏・下部熱圏にかけて起こる、放電による発光現象である。 光を帯びてシーリングライトのように発光する雲 そこに紫色の稲妻が突き抜けている。 まさに決定的瞬間をとらえた写真である。 こんなシーンに出くわしたら人生観ゴロっと変わりそうだ。 宇宙空間が青白く染まる。超高層雷放電「ブルージェット」をとらえた貴重な映像(国際宇宙ステー...


Twitterのコメント(19)

@karapaiaより

俺の中の中学二年生が大暴れしかねない光景。
世界は神秘に満ちているなぁ。 @karapaiaより
ゴッヅィーラ༼d՞ةڼ◔༽
ただのスプライトやんけ
スプライトが地上から、こんなに鮮明に撮影できるのか。
かっこいい・
これなんてフォースインパクト?
サードインパクトじゃなかったのか
@karapaiaより
紫の稲妻とかカッコよすぎてやばい
スプライト?→
オルタちゃんか
西オーストラリア、ピルバラの町で2017年3月28日、カメラマンのジェフ・マイルスは
以上

記事本文: これどんな天変地異?オーストラリアで観測された雲を突き抜ける紫色の稲妻 : カラパイア

関連記事

52コメント 2016-02-25 21:13 - jin115.com

■声優雑誌「Cool Voice」Vol.17でそれ系の露出が極めて少ない石田彰さんが 突如、グラビアで表紙を飾る! 一方の石田は、撮り下ろし撮影することが珍しく、表紙への登場は貴重な機会。『昭和元禄落語心中』の世界観さながら、昭和初期に建てられた古い一軒家を舞台に、声を担当する「有楽亭八雲」の文字が入った扇子を持ち、落語のけ...[続きを読む

画像で見る主要ニュース