TOP > 科学・学問 > カラパイア > これどんな天変地...
18コメント

これは超高層雷放電と呼ばれるもので、高度20~100kmの成層圏・中間圏・下部熱圏にかけて起こる、放電による発光現象である。 光を帯びてシーリングライトのように発光する雲 そこに紫色の稲妻が突き抜けている。 まさに決定的瞬間をとらえた写真である。 こんなシーンに出くわしたら人生観ゴロっと変わりそうだ。 宇宙空間が青白く染まる。超高層雷放電「ブルージェット」をとらえた貴重な映像(国際宇宙ステー...


Twitterのコメント(18)

@karapaiaより

俺の中の中学二年生が大暴れしかねない光景。
ゴッヅィーラ༼d՞ةڼ◔༽
ただのスプライトやんけ
スプライトが地上から、こんなに鮮明に撮影できるのか。
かっこいい・
これなんてフォースインパクト?
サードインパクトじゃなかったのか
@karapaiaより
紫の稲妻とかカッコよすぎてやばい
ライトニーング!
スプライト?→
オルタちゃんか
西オーストラリア、ピルバラの町で2017年3月28日、カメラマンのジェフ・マイルスは
以上

記事本文: これどんな天変地異?オーストラリアで観測された雲を突き抜ける紫色の稲妻 : カラパイア

関連記事

26コメント 2015-06-06 18:43 - oka-jp.seesaa.net

(09/29)赤い月と赤い惑星が出会った9月28日: NASA が行った火星に関しての重大会見から改めて思う「宇宙探査の無駄」 (09/28)2015年9月28日に起きた「スーパームーン+赤い月=スーパーブラッドムーン」と同じ現象が発生した33年前の1982年に起きていたこと (09/27)お知らせというか(世界一殺人が少ないけれど、世界一...[続きを読む

画像で見る主要ニュース