TOP > 科学・学問 > カラパイア > 死刑執行人の残し...

死刑執行人の残した死刑と死刑囚に関する10の記録 : カラパイア

13コメント 登録日時:2017-03-29 20:35 | カラパイアキャッシュ

 人が人を殺める、命を奪うというのは重大な行為であり、多くの場合は最悪の罪となる。だが命を奪える権利が国家(司法)には存在する。「死刑」という制度は今日にいたるまで存在している。 死刑は人類の文明が生まれて以来、長い間行われてきた。そしてその長い歴史故...

Twitterのコメント(13)

フランスでは1981年までギロチンによる死刑執行が行われていた~ : 2017年03月29日カラパイア
反対という人の意見が「自分はやりたがらないだろう?」が9割近くを占めてて笑う
私は別にやってもいいよ、良心の呵責も何もない屠殺作業じゃないか
サンソンサンソンサンもいたので
「死刑は、復讐してやりたいという根源的な欲望の古くさい遺物にすぎず、復讐を実行する責任を簡単に他人に負わせてしまう。」
執行人が言うと説得力があるなぁ…
フランスの断頭刑廃止は、『スターウォーズ エピソード5』の上映より後なんよね。
先日、イノサンルージュ5を、購入
その人が有罪であっても本当は死罪になるほどの人でなかったかもしれなくても人の死に確実に立ち会う人の気持ち
また被害者加害者関係する者たちへの救いとは
死刑が執行されて3~4年たっても、犠牲者の肉親は犯人に復讐をしたいという気持ちがまだ消えないが、それもかなわない。刑務所に一生ぶちこんでおいたほうがいいのだ
@karapaiaより
我が子が死刑になるのを見届けるってのはまさに筆舌に尽くしがたい思いって感じかな・・・独身だけど
うーむ、死刑執行人が気の毒だからという理由の死刑反対論があってもいいと思う。
人が人を殺める、命を奪うというのは重大な行為であり、多くの場合は最悪の罪となる。だが命を奪える権利が国家(
以上

記事本文: 死刑執行人の残した死刑と死刑囚に関する10の記録 : カラパイア

関連記事

画像で見る主要ニュース