TOP > 科学・学問 > カラパイア > 悩んでいる人は多...

悩んでいる人は多い。終わりの見えない無限が怖い、永遠の命が怖い「ペイロフォビア(無限恐怖症)」という病 : カラパイア

19コメント 登録日時:2017-03-26 20:35 | カラパイアキャッシュ

永遠の命、無限に続くものが怖い「アペイロフォビア」という病 たいていの人にとって、永遠の命を得るための秘訣を発見すること、あるいは死後も喜びに満ちた天国で永遠に暮らすことが究極の目的だろう。 しかし、終わりのない命や、無限に続くという概念にとてつもない恐怖を感じ、普通の生活ができなくなってしまうほどになってしまう人もいる。これはアペイロフォビアと呼ばれているれ...

Twitterのコメント(19)

こんな人もいるのか
@karapaiaより
なんかこれよー分かるんだわ。
今が、生きてるその事自体が苦しい今までがいつ終わるんだろうか?っと、、、
私これだ、子供の頃死んだあともずっと世界が続いてっていうのが凄く怖かった、どうしようもなく怖いから親に説明してもわかって貰えなくてうあーってなってたし、正直たまにふと思い出して怖くなる。結構いるんだと思ったらちょっと安心した。
死後の世界が闇で意識があるとしたら、キンタマがキュッとなる
これわかりすぎる(^o^)/
@karapaiaより
カシュラム人みたい
私これだ。死ぬのは怖くないけど輪廻転生したくなくて解脱したくて悟り系はまりまくり。/
結局タイトルが間違ってて「アペイロフォビア」っぽい。 QT: /
キャパオーバーしてるだけでしょw
かっこいいな
そういえば昔、ライターさんにボタンが怖くて着るものが全てファスナーだって方がいらっしゃった。
ニーチェもこんな感じだったのかな
幼少期からずっと悩んでたが、病名があったとは…
@karapaiaから
…エホバの証人はどうなんだか。永遠の命がウリのカルトだし。
~永遠についちゃ気にする必要なんてない。今この時を後悔せずに突き進みゃいい。来世は来世にまかせようや
空が果てしなさすぎて、恐ろしくなる事がある…
何かを怖がるという感覚は、身を守る防衛本能として備わ
以上

記事本文: 悩んでいる人は多い。終わりの見えない無限が怖い、永遠の命が怖い「ペイロフォビア(無限恐怖症)」という病 : カラパイア

関連記事

画像で見る主要ニュース