TOP > 科学・学問 > カラパイア > 地獄へのゲートが...

地獄へのゲートが開いた?落雷した墓地にある木が不思議な燃え方をして物議をかもす(アメリカ) : カラパイア

14コメント 登録日時:2017-03-05 22:34 | カラパイアキャッシュ

 2017年3月1日。アメリカ、ミズーリ州セントルイスの墓地にある1本の木に雷が落ちた。木に雷が落ちることは珍しいことではないのだが、その燃え方が不気味だった。 巨大なひっかき傷のようなものを残しながら、木の根本中央の内側だけがメラメラと燃えていたのである。...

Twitterのコメント(14)

こんな事あるんだ
@karapaiaから
かっこええ…墓地じゃなきゃ壁紙にしたいわ
め組の大吾にもこんな話あったな( ̄▽ ̄;)
この木、もう根の方から水分も栄養分も枝葉に向けて送れないから枯れてっちゃうんやろうな…
これ完全に「ストレンジャー・シングス」のアレじゃんすげえ!
オブリビオン!デイドラが出て来る!!
どう云う落ち方をすれば…螺旋状に傷がついてるよ。燃え残った跡はトンネルみたいに向こうが見えてるし。
アニメ「ゴッドイーター」の森みたいな見た目だな
たぶん天使が落ちてきてる(SPN脳)
現在までのところ、封じ込めには成功していません。"ゲート"より不定期に排出される████については、███████████████。
や、やばいなにこれ!!悪魔降臨!!
立木のままスウェディッシュ・トーチになったんだな。
直視したら1D100とみた。
2017年3月1日。アメリカ、ミズーリ州セントルイスの墓地にある
以上

記事本文: 地獄へのゲートが開いた?落雷した墓地にある木が不思議な燃え方をして物議をかもす(アメリカ) : カラパイア

関連記事

画像で見る主要ニュース