TOP > 科学・学問 > カラパイア > 地獄へのゲートが...
14コメント

おわかりいただけただろうか?木には大きなひっかき傷のようなものが残り、木の内側がメラメラと燃えている。 木はかろうじて立っており、最終的にはこのような状態となった。 墓場の中ということもあり、まるで地獄へのゲートが開いたようだと話題となっていた。木と地面にある水分が急速な加熱によりこのような状態になったとみられている。 実際に落雷した木が内側から燃えるケースはあるようだ。...


Twitterのコメント(14)

こんな事あるんだ
@karapaiaから
かっこええ…墓地じゃなきゃ壁紙にしたいわ
め組の大吾にもこんな話あったな( ̄▽ ̄;)
この木、もう根の方から水分も栄養分も枝葉に向けて送れないから枯れてっちゃうんやろうな…
これ完全に「ストレンジャー・シングス」のアレじゃんすげえ!
オブリビオン!デイドラが出て来る!!
どう云う落ち方をすれば…螺旋状に傷がついてるよ。燃え残った跡はトンネルみたいに向こうが見えてるし。
アニメ「ゴッドイーター」の森みたいな見た目だな
たぶん天使が落ちてきてる(SPN脳)
現在までのところ、封じ込めには成功していません。"ゲート"より不定期に排出される████については、███████████████。
や、やばいなにこれ!!悪魔降臨!!
立木のままスウェディッシュ・トーチになったんだな。
直視したら1D100とみた。
2017年3月1日。アメリカ、ミズーリ州セントルイスの墓地にある
以上

記事本文: 地獄へのゲートが開いた?落雷した墓地にある木が不思議な燃え方をして物議をかもす(アメリカ) : カラパイア

関連記事

66コメント 2012-11-30 20:34 - karapaia.livedoor.biz

うっかり空を見上げたら雲にぽっかり円形の穴があいている。ボーっとその穴をながめていると、そのままキャトルミューティレーションよろしく、上へ上へと吸い寄せられ、そのままあっちの世界に放り込まれてしまうといった未知なる恐怖を連想してしまいたくなる穴あき雲(ホールパンチ雲)。 穴あき雲は水滴と氷の「飽和蒸気圧」の差により生じるという。層状の雲を構成する雲粒が、氷点下にありながら凍結していない過冷...[続きを読む

画像で見る主要ニュース