TOP > 科学・学問 > カラパイア > 地獄への入り口に...
13コメント

モンティセロダムが建設されたのは1940年代のこと。灌漑用水と飲料水を確保するためだった。満水時の総貯水量は約19億立方メートルだ。 そこにあるダム穴はまるで巨大なバスタブの水抜き穴のようだ。 ベリエッサ湖のダム穴は、地元では人気の観光スポットになっている。そして時代はドローン化社会。ダム穴がゴクっと水を吸い込むさまはこのように映像にてお茶の間に届けられているのだ。 ゴクゴクと水が吸い...


Twitterのコメント(13)

@karapaiaから
( ̄□||||!!怖い!怖すぎる‼
しゅげぇ……ってなって、渦に近づいたショットに切り替わった瞬間思った私の感想。

「アナルやん……」
うおぉ〜! でもかっこいいw
そこまでは苦手じゃなかったけどこの映像はさすがに怖い>
ダム穴怖い・
なうぶら》 : カラパイア -
動画めっちゃワクワクした、これぞドローンの正しい使い方
ダム穴はなんとも言えない魅力がありますw【 】
ダム穴恐怖症なんてあるんかww
だとしたら俺はそれだわ
BGMは「Highway to hell」吸い込まれたら多分水圧で死ぬ…

@karapaiaより
アメリカ、カリフォルニア州ナバパレー、ベリエッサ湖のモンティセロダムにあるダム
以上
掲載元: 地獄への入り口にも似た・・・究極のダム穴がドローン撮影で明らかに(アメリカ) : カラパイア


他のコメントを探す:Twitter検索 はてブ

関連記事

34コメント 2014-06-20 15:12 - www.gizmodo.jp

アクションカメラの代名詞「Gopro」のアクセサリーとして、自分自身を追跡する機能が搭載された空撮用ドローン「HEXO+」がKICKSTARTERでクラウドファンディング中です。 今まではGoproといえば、ウェアラブルカメラとして体に装着したり、サーフボードなどの板に付けて撮影する使い方が一般的でしたが、これからはそれに加えスポーツ中の自分自身を空から撮影することが可能になります。Gopr...[続きを読む

画像で見る主要ニュース