TOP > 科学・学問 > カラパイア > 名前の順に死んで...

名前の順に死んでいく子ども 「ギャシュリークラムのちびっ子たち」 : カラパイア

16コメント 登録日時:2017-07-11 12:30 | カラパイアキャッシュ

エドワード・ゴーリー(2000年4月15日没、75歳)というアメリカの絵本作家が描いた絵本「ギャシュリークラムのちびっ子たち―または遠出のあとで(The Gashlycrumb Tinies)は、お名前の順(アルファベット順)で子どもたちが一人ずつ、悲惨な死をとげていくという不条理で...

Twitterのコメント(16)

ナーシェンに読んでもらいたい絵本ランキング1位である
どゆことやねーん!!!!って10回くらい叫んだ
懐かしいー!これ挿絵がすこ
動画面白い狂気な感じで好きだわこれ
AからZまで子供が死ぬやつのアニメあった
ギャシュリークラムのちびっ子たち
動画あってめちゃくちゃやばいんよ
シュールで少し笑ってしまう内容でした。
久しぶりに狂気に満ちた動画を見たわw
@karapaiaより

創作好きさん一緒にフォトブック作ろ~~~🙋🙋🙋
ど、動画、、、こえぇよ、、、
こわwwwww
英語の勉強になるな
この本持ってるんだけど、引っ越しでどっか行っちゃったなあ
探せばあると思うんだけど
@kryagamct やっはろー。僕も気になったんで検索したらアニメになってたよ。下に日本語訳もあるからよかったらどうぞ( ^ω^ )
いつメンのLINEに載せたら「これPの死因本じゃね?」って纏まった←
以上

記事本文: 名前の順に死んでいく子ども 「ギャシュリークラムのちびっ子たち」 : カラパイア

関連記事

画像で見る主要ニュース

24コメント 7 時間前   - anond.hatelabo.jp