TOP > 2chまとめ > 市況かぶ全力2階建 > 川崎重工業、新幹...

川崎重工業、新幹線台車亀裂の重大インシデントは台車枠製造の不備が原因の一つと自供 : 市況かぶ全力2階建

14コメント 登録日時:2018-02-28 21:19 | 市況かぶ全力2階建キャッシュ

12月11日に発生した「のぞみ34号」の一部区間の運転取り止めについて:JR西日本 https://t.co/KG3T5USM2k※岡山で異常があっても、とりあえず動かして、名古屋まできたというのが怖いなあ。— 廣瀬哲雄 (@hirosetetsuo) 2017年12月12日台車の写真見る限りでは台車枠の下側4...

Twitterのコメント(14)

『川崎重工業、新幹線台車亀裂の重大インシデントは台車枠製造の不備が原因の一つと自供』 平面出すのに削らないといけないとしたら加工精度を無視した設計が悪い。あるいは現場押し付け体質か。
以前の日経ビジネスの記事が「製造業では現場がブラックボックスになってて事故が起きた時は社長権限でもでも調査に時間がかかる」とか「現場にとっては社長より工場長や現場のリーダーの方が偉い」とか分析してた。 / "川崎重工業、新幹線台…"
実質量産不可の形状で設計、時間が無いからとそのまま試作で検証して、後は製造に丸投げってパターンかな。製造サイドがごちゃごちゃ言ってもそんなの今更変えられない、何とかしろとか言われるわけですよ。。 / "川崎重工業、新幹線台車亀裂…"
機械屋さんの言ってくる精度は桁が一つおかしい。 /
川崎は神奈川の川崎じゃないよ? 神戸の川崎だよ? /
部品が公差外なら返品だけど、公差内なら納品拒否はできないわな。試作時に見つかってればよかったけど、量産に入ってしまうと生産済みの部品が積み上がってるから、現場でなんとか組み立てろとなりがち。 / "川崎重工業、新幹線台車亀裂の重…"
なぜ溶接の人はできないものをできませんと言って生産技術に返すのではなく現場で頑張ってくっつけてしまうのだろうか > /
形状的に一番応力がかかりそうな場所の板厚を削ってたらそら切れるわなという感想。構造的に平面度が出せないなら設計者にフィードバックしてちゃんと作れる図面を出させないといけないのよ / "川崎重工業、新幹線台車亀裂の重大インシデント…"
カワサキか… /
歪みを考えないで遊びのない設計にしたから削って合わせるしかなくなったんやん。
えっ、新幹線の台車総とっかえに発展するの?>
車両のベース部分で要求仕様を破るの怖すぎる
以上

記事本文: 川崎重工業、新幹線台車亀裂の重大インシデントは台車枠製造の不備が原因の一つと自供 : 市況かぶ全力2階建

関連記事

画像で見る主要ニュース