TOP > IT・テクノロジー > ケータイ Watch > 台湾で使える中華...
23コメント

太田 亮三2017年8月2日 15:27 テレコムスクエアは、台湾で利用できる中華電信のプリペイド型SIMカードを成田空港と羽田空港で販売する。発売日は8月7日。SIMカードの価格は1400円(非課税)。日本で買える台湾用SIMカード「4Gデイ型プリペイドカード 5デイタイプ」 テレコムスクエアが取り扱いを開始するのは、台湾大手・中華電信の通信エリアに対応し、台湾でLTE対応の通信サービスを...


Twitterのコメント(23)

いいな、これ。//
これシェアするの忘れてた。日本で買えるの楽だよねー
覚えておこう。関空では販売ないのかな。。。
やばい


同SIMカードは、購入時の1400円で、通信量無制限で5日間利用でき、無料の通信分が1日分付くため、実質6日間利用できる
あら素敵。台湾で6日間使い放題で1400円ってかなり安いな、、、本当かしら。
羽田・成田で買えるのなら、次回台湾行くことがあればコレ買うか →  @ktai_watch
通話ついてるやつで安価なの欲しかったんだよー!!これでUbike登録できる\( ˆoˆ )/
関空にも出店してくれ!
これは是非関空にも出店して欲しい!
これ重宝します♪
台湾は現地の空港でもSIMカード購入の難易度が比較的低いんだけど、更にお買い求め安く。

@ktai_watchから
あら、これは便利ね/
中華電信のプリペイドSIMが成田で!羽田でも販売して欲しい。
やったぁぁぁああああ!時間短縮になる*
現地で買うと5日のは300元だけど、並ぶ可能性があるので前もって買っておくのもいいかも。
5日間1400円って、安くない?!(O_O)
おおお便利になったね
@ktai_watchから

予約すれば24hうけとれるから早朝・深夜のLCC便利用時に現地で困ることも無さそうだ。
日本で購入した方が、もしかすると安いかな?
現地で買うと約1100円だけど+300円で事前に買えるならいいよね!
中華電信なのでLTEバンド3,8,7のSIMフリー端末でご利用ください。
以上

記事本文: 台湾で使える中華電信のプリペイドSIM、成田・羽田で販売開始 - ケータイ Watch

関連記事

20コメント 2011-02-02 13:45 - weekly.ascii.jp

 ちなみに、本体サイズは116×59.6×10.3ミリ。サイズが気になる方へ、某社の端末と並べてみました。若干厚みがありますが、見た目の差はあまりないですね。コネクターもどうやら同じらしくて、2つのOSの端末を持ち運びたい人にも向いているかも。  欲を言えば3Gへの対応を期待したいのですが、来年の今頃にはそんな製品が恐らく出てくるんじゃないでしょうか? H2000の完成度の高さを見ると、これから続...[続きを読む

30コメント 2012-05-15 18:16 - www.youtube.com

画像で見る主要ニュース