17コメント

公共のクラウドサービス  メリット:ネットに接続したどのデバイスからも確実に自分のデータにアクセスできるという点で、大手のクラウドサービスに勝るものはない。ドロップボックスでは100ドルを払えば、年間1テラバイトのデータを保存することができる。魔法のようにフォルダが同期される仕組みもある。一方でグーグルやアップルのクラウドサービスは写真や動画の保存が容易で、スマートフォンやラップトップの容量がい...


Twitterのコメント(17)

読んでおきたい。 /
個人向けクラウドサービスを利用して管理を徹底する方法→ - WSJ
データは全て公開されると思っていれば心配しなくて良い。事実ソウなのだから。
クラウド保存データは安全か?  > ウィキリークスがCIAのハッキング技術を暴露したし、ハッキングコンペPwn2Ownでは中国がEdgeもSafariも突破。また仮想通貨はウォレットに保管するが、その保持で一番安全なのは紙に書く手法。
フォルダにロックをかけたりだとか、自身での管理方法も考えた方がいいのかも。 /
さまざまなデータ保管場所の長所と短所。
複数のハッカーやセキュリティーの専門家に大切な資料をどこに保存するか聞いてみたところ、返ってきたのは十人十色の答えだった @WSJJapan
自分の会社よりは安全だろ /
ま、「安全」をどう定義するかだよなぁ。そもそも「雲」なんて視覚的に隠し・隠れようがないわけで・・・。
長く外付けHDDを使っていたが昨年壊れた。そして昨日パソコンのメインHDD(windowsのcドライブのディスク)がエラーをだしパソコンが起動しなくなった。買って5年だ。

外付けも内蔵HDDも壊...
パプリッククラウドで良いと思います。 /
今後、増え続けるデータの重要課題になりますね。 /
まず用語の認識を合わせますね。
パブリッククラウド=企業が提供するクラウドサービス
プライベートクラウド=一個人がクラウド的な利用ができる仕掛けを構築したもの
記事では上記のような前提で話されてい...
まあ、対策に金かけない普通の企業や個人が保管するより100倍ほどあんぜに思うけどね ///
安全性には色々な意味があるけど、キチンと認証を踏まないとデータにアクセス出来ない形が作れるので「その方がずっと良い」環境の企業は少なくないでしょうし、バックアップ体制も殆どの企業よりは良い。 / クラウ...
以上
掲載元: クラウドに保存したデータは本当に安全か? - WSJ


他のコメントを探す:Twitter検索 はてブ

関連記事

26コメント 2012-10-16 17:34 - cloud.watch.impress.co.jp

株式会社NTTデータは16日、図書館や公文書館などに向けたクラウド型デジタルアーカイブサービス「AMLAD(アムラッド)」を発表した。10月19日より提供開始する。 「AMLAD」は、デジタル化した各種の資料を保存し、それらに対する、検索・閲覧、貸し出し・返却などの機能を提供するクラウドサービス。これを利用すると、図書館、公文書館、美術館、博物館をはじめとする各...[続きを読む

画像で見る主要ニュース