ある殺し屋の死:ロシアとウクライナの闇に光 - WSJ

今年9月にウクライナの首都キエフで爆殺されたティムール・マカウリ氏。生前にWSJのインタビューに応じ、ロシアとの戦いが起きているさまざまな場所で工作員として働いた過去を打ち明けていた。...

Twitterのコメント(35)

興味があったので読んでみたが、想像を絶する世界だな。
映画かな?ってくらいの内容だった!
ストーリーがある
文章なのに映画よりリアル。。。
こんな、漫画みたいな殺し屋ストーリーあるんだな・・
"マカウリ氏" /
ル・カレのスパイ小説のよう。でも舞台はウィーンでなくキエフ。7月のジャーナリスト爆殺事件も触れてる。
WSJの和訳は難解な文ではないのになんでかいつも読みにくい
昼ぐらいに見た記事だけど、この記事に出てくる「殺し屋」って爆殺が多いのな…
あとで読む。
これそんじょそこらのスパイ小説よりも凄い、スパイ小説好きなら是非一読を→
"マカウリ氏は助手席に乗り、ひじ掛けに仕掛けられた爆弾が爆発したときは車の中心方向に体を傾けていたようだ。片腕と胴体の一部が吹き飛び、マカウリ氏は即死した。"
>1人100万ドルの料金を要求した。
>結局、最初の1人はその半値で手を打った

ほえー リアル殺し屋このくらい取るんだ
ミサイルが飛ぶ時代でもこういう戦争ってあるんだな
本物のアサシンやん・・
原作:浦沢直樹 漫画:七月鏡一 でマンガ化してほしい▼
爆殺された工作員が生前にWSJのインタビューで語った内容とは 
サイバーセキュリティとは関係ないですが、セキュリティと現実社会は結びついているので、いろいろと参考になる記事です。
そんなに簡単に殺し屋が集まるのかよと。欧州は怖いな>
壮絶すぎる…世界の仰天ニュースで特集されてもおかしくない。
ロシアが関係する場所での恐ろしい殺しの実態
殺し屋とスパイの街……映画の企画にしたら作り物っぽすぎて却下されそうな現実か。
クリミア併合のあとのウクライナでこんな事が起こっていたとは。リアル「プリンセス・プリンシパル」じゃん。
ロシアが白々しい。
爆殺された工作員が生前にWSJのインタビューで語った内容とは
「(敵の)暗殺者を暗殺する暗殺者」???
スパイ映画も真青w
爆殺された工作員が生前にWSJのインタビューで語った内容とは。
「反政府勢力の司令官ミハイル・トルスティヒ氏は2月、ドネツクの事務所にロケットが撃ち込まれて死亡した。」

ロケット……。
以上

記事本文: ある殺し屋の死:ロシアとウクライナの闇に光 - WSJ

関連記事

画像で見る主要ニュース