ビットコイン先物、ぶつかり合う個人と業者の賭け - WSJ

個人投資家はビットコインの上昇に賭け、ヘッジファンドなど大口トレーダーは下落に賭けている。先物取引が始まって4週間、そうしたパターンが急浮上している。...

Twitterのコメント(11)

ビットコイン先物個人のロングvs業者
米国で先物が始まって、新しい次元がみえてきたみある。| WSJ
個人がロングで、機関投資家がショートというわかりやすい構図。ただ、足元で機関の売り持ちの比率が減っているようだから、昨年末からのビットコインの価格急反発の要因として、機関のショートスクイーズもあっ...
Google マイフィードから共有しました

ヘェ〜( ˙-˙ )
「ビットコインを大量に保有する仮想通貨取引業者はそうした在庫の価格下落へのヘッジとしてショートにしている可能性がある。そうすることでその業者はビットコインの値動きに関して大きな影響を受けない立場になれる。」
"個人投資家はビットコインの上昇に賭け、ヘッジファンドやその他の大口トレーダーは下落に賭けている。" /
そんなに単純かな
たしかにBTC先物は「大口はショート」「個人はロング」に賭ける傾向が強いでしょうね。大口はマーケットをコントロールする役目も委任されているはずですから、暴騰が続く今現在は下げる方向で動いていそうです。
予想通りですね
以上

記事本文: ビットコイン先物、ぶつかり合う個人と業者の賭け - WSJ

関連記事

画像で見る主要ニュース