TOP > IT・テクノロジー > TechCrunch Japan > 高齢者の運転見守...

高齢者の運転見守りサービス「SmartDrive Families」が正式リリース、月額2480円 | TechCrunch Japan

15コメント 登録日時:2018-09-14 10:06 | TechCrunch Japanキャッシュ

自動車の走行データを活用した各種サービスを提供するスマートドライブは9月14日、高齢の家族などの運転見守りサービス「SmartDrive Families(以下、Families)」を正式リリースした。高齢化が進む日本では、高齢ドライバーによる運転事故は社会課題の1つだ。法律として免許を返上する年齢を定めるべきなどの議論はあるが、運転のス...

Twitterのコメント(15)

年齢縛り?;
"クルマのシガーソケットに専用デバイスを差し込むだけで、運転の安全度や特徴などの走行データを取得することができる。"
そんな課題を解決するため、スマートドライブが開発したのがFamiliesだ。クルマのシガーソケットに専用デバイスを差し込むだけで、運転の安全度や特徴などの走行データを取得することができる。取り付け工事も不要で、約5秒で取り付けが完了する
運転ログ収集自体は前からやってたけど、高齢者の運転見守りサービスに仕立ててきたのめっちゃ頭いい感じする /
使えば自動車保険少し安くなるみたいな特典つけばシナジーありそう🤤

@jptechcrunchより
運転の危険度を測定できるのは意義深いですね。
一方で高齢者がこのデータを見て自身の行動を変えるかどうか

via
これでどんどん高齢ドライバーの運転データが溜まって行けば、事故を未然に防ぐアクションに繋がっていって凄く良い。
「僻地に住む人たちにとってはクルマは生活に欠かせない移動手段であり、できるだけ長く免許を保持したい」

切実な課題ですよ。
良いサービス。
高齢者もそうだが初心者にも必要なんじゃない?
おじいちゃんの車につけよう ▶
自分を含め運転・判断能力は低下してくる。
特に高齢者はそのことを意識しなければ。このようなアプリは将来、標準装備ですね。
ひと昔前はポットを押したらメールが届く時代だったが、いまでは全行動データを可視化して健康状態を把握する。このデータをもとにしてタイヤメーカーが広告打つようになるんだろうな…面白くない世の中。
#SmartDrive #Families #マーケティング
書きました!
以上

記事本文: 高齢者の運転見守りサービス「SmartDrive Families」が正式リリース、月額2480円 | TechCrunch Japan

関連記事

画像で見る主要ニュース