AnyPay、株式配当のように“収益を分配するトークン”の発行システムを開発中 | TechCrunch Japan

21コメント 登録日時:2018-08-10 08:32 | TechCrunch Japanキャッシュ

割り勘アプリの「paymo」などを提供するAnyPayは8月10日、グループ会社でシンガポールに籍をおくAnyPay Pte.Ltd.にて収益分配型のトークン発行システムを開発中であることを発表した。2018年中にもリリースされる予定だ。...

Twitterのコメント(21)

株式会社でICO及びSTOコンサル兼会計税務領域の責任者をやっています
ブロックチェーン周り(特にICO・STO・会計・税務関係)を主に、周辺分野で気になることを呟きますので、興味がある方はぜひフォローください

会社サービスはこちら
お金じゃなくて株にがっつり寄せてる
/
Anypay のセキュリティトークン成功したら凄い事になりそうだな(感想下手)
いいねえ。
証券化してきてるのは良い兆候
STOって資産担保付き仮想通貨? 現実通貨ならば、抵当権を法務局で設定することで担保権を設定できるが、仮想通貨でやるならその役割をどこが担うというのか? /
株式のしくみを完全にインターネットにのせていくような形なんやね。 / Japan)
anypayの方とお話させて頂いたけどユーティリティトークンというより、セキュリティトークン(証券型トークン)に力を入れてる感じだった
投資家保護的に見てもこれがいいと思う
AnyPay、ICOコンサルで得た知見を利用して"収益分配型トークン"
これはおもしろい。
ICOではなくSTOが主流になるんじゃなかろうか。
淘汰され良いものだけが生き残るようになればいいね。
アメリカと日本は証券型トークンや仮想通貨ETFがメインになっていくんだろうなと思っていた矢先にanypayさんが始めるようです
本命感ある。サービスの優先権ではなく、所有権/配当で担保されて、コミュニティ参加者がコミュニティを良質化・拡大していくインセンティブ設計、かつ違うコミュニティのトークンとの間で流動性がある状態がよいんだよな
この開発がうまくいけばフィンテックでひとつ大きなブレイクスルーになりそ

、株式配当のように
ついに解禁!セキュリティートークンの発行・配当を1つのツールでシンプルにできるようになるサービスです。

個人的には、STOの世界は正当進化すれば今までの金融商品以上にユーザーフレンドリーなものになると思うんですよね
AnyPayが仮想通貨領域で新プロダクト。
盛り上がって来たね〜!
この分野動きが早い。ICOの次は、STO。>
STOやるプロジェクトもチェックしておきたいなぁ
「企業がより簡単にSTOを実施できるようなシステムを開発中だ。」
STO, ICOプラットフォームはこの夏から秋にかけて、いくつかサービスが出てきそうですね。楽しみです。 / Japan)
以上

記事本文: AnyPay、株式配当のように“収益を分配するトークン”の発行システムを開発中 | TechCrunch Japan

関連記事