TOP > IT・テクノロジー > TechCrunch Japan > サイバーエージェ...

サイバーエージェントがC2Cのスキルシェアサービス開始、まずは約100人の著名人がスキル販売へ | TechCrunch Japan

25コメント 登録日時:2018-06-14 13:45 | TechCrunch Japanキャッシュ

サイバーエージェントは6月14日、同社の運営する「Ameba」にてスキルシェアリングサービス「REQU(リキュー)」を開始した。まずは認定する約100名の芸能人や有名人、著名インフルエンサーらがセラー(スキル販売者)として参加。保有する知識や特技をサービス上で販売する。...

Twitterのコメント(25)

個人の時代に合わせたサービスであると思うが、このやり方だとnoteも同じくだけど、著名な人にしかチャンスが無さそう。知名度があるアメブロ利用者ならば広が...
みんなやるなー、最初は良いんだよね。
長くなると、怪しい案件が増える。そうならない事を祈る。
CtCのスキルシェアサービス、現在は試験段階で著名人のみとなっていますが、今後の展開を考えると素晴らしいですね。
地政学的な不利をインフラ整備とサービスで...
スーパープログラマーに教えを請えるなら、10万円でも申し込みたいんですが。
サイバーエージェントがC2Cのスキルシェアサービス開始
後発で著名人アセット使って立ち上げる、サイバーの何時もの定石だ/ @jptechcrunchより
自分がシェア出来るスキルは何だろう?あるのか?ないかも…

@jptechcrunchから
自分でアウトプットする力を身につけて行かなきゃ! /
スキルシェアサービスが続々と。世の中、得意を持て余してる人が意外と多そう。そしてマニアックな方が案外需要があるのかも。教える側としてはお金を得るだけでなく、アウトプットして学びを深める事ができる。教えて貰いたいし教えてもみたい。
これはオモロイ。

個人能力 でいくか
所属して 団体戦でいくか

|
CtoCサービスもだいぶ出揃ってきた感じですね。個人で家にいながらでも稼ぐ方法が増えるのはよきこと。
サイバーエージェントもC2Cサービスに参入とのこと。
特定のスキルジャンルに絞ってスタートしているサービスの方が、何でもOKというサービスよりも、スケール...
スキル販売が増えてきた。「スキルのジャッジのスキル」でも売ろうかしら。 /
サイバーも遂に進出したか!
著名人ではない普通の人がセラーとなった時にいかに集客できるかが課題だと思います。どんなアプローチをしてくるのか、注目し続けます。
メルカリ、DMM、サイ...
C2C系スキルシェアの乱立:
C2Cのシェアスキルサービスおもしろそう!
箕輪さん(@minowanowa )も「大物を口説くための手紙を添削します」ってスキル提供してる!
個人的には松木の実況解説おすすめ(笑)
一度見てみてください🤔💕
最近こういうスキルシェア系よく見るね /
個人経済の市場がどんどん拡大してきますね!
今は大手が主流だけど今後もっとすそ野は広がっていきそう!
サーイバ サイバ 週5で飲み会〜!
サーイバ サイバ 新事業〜!!
へーこんなの始めたのか: Japan:
スキルシェアへの参入が続いてる。個人へのパワーシフトの流れだが、影響力と信用を貯めた個人とそうでない個人とでこれからは大きな差が付いてくる。
クラウドソーシングはやらないっていってたけど、少し近めな領域はやるのね /
techcrunch載せてもらいました!
セラー募集してるからやってみるか — @jptechcrunchより
以上

記事本文: サイバーエージェントがC2Cのスキルシェアサービス開始、まずは約100人の著名人がスキル販売へ | TechCrunch Japan

関連記事

画像で見る主要ニュース