TOP > IT・テクノロジー > TechCrunch Japan > メルカリがC2C...

メルカリがC2Cのスキルシェアサービス「teacha」を発表、2018年春にリリース | TechCrunch Japan

21コメント 登録日時:2017-12-12 15:47 | TechCrunch Japanキャッシュ

フリマアプリ「メルカリ」を提供するメルカリは12月8日、語学学習や習い事など個人が持つスキルや知識をシェアするサービス「teacha(ティーチャ)」を発表した。サービスの運営はグループ会社のソウゾウが行い、リリースは2018年春の予定。また本日からティザーサイトを公開していて、ユーザーの事前登録受付とパートナー企業、地方自治体の募集を始めている。...

Twitterのコメント(21)

これ気になってる -
大学生になったらやってみようかな / Japan)
普通にWordpressやSEO関連スポットコンサル頼みたいな。できるっしょ
早速登録しようと思ったら、メルカリアカウント作ってなかったや。
招待登録制期間?らしいので興味ある人は是非
勢いある。
>>
こういうサービス、自分は今まであんまり使いたいと思わなかったんだけど、メルカリがやるってことは大きなニーズがあるってことなのか〜
あー、メルカリがきちゃったか… /
うちの新規事業観る偉い人たちに「スキルシェアはうまくいかないからな〜」と言われれ通称俺の事業話が進まなかった。わたくしの見解は違う。時代は変わる。時流を観る力が必要なのだ。 &; .
へぇ

> 語学学習や習い事など個人が持つスキルや知識をシェアするサービス

>
@jptechcrunch
メルカリっぽくないデザインだな。メルカリとは別のレイヤー攻めるのかな?
女の子には Unity を格安でお教えします(真顔)
メルペイのサービス発表後のサービス。「TimeTicket」とほぼ同じ内容になると思うけど、ここでもメルペイが使えるようになるわけだから、メルカリ関連のユーザーをそのまま流せるし、その逆の流れもあり。強いなー
学べる先を探せるサービスが増えるのは歓迎ですね。
メルカリもそうだけど、ニッチな需要を拾う感じになると楽しそう
フラミンゴ も取り上げていただいてる!!
シェアリングの世界はメルカリとの競争になってくるのかー辛いなぁ〜
メルカリはどんどんやることが広がっていきそうな感じがする
以上

記事本文: メルカリがC2Cのスキルシェアサービス「teacha」を発表、2018年春にリリース | TechCrunch Japan

画像で見る主要ニュース