TOP > IT・テクノロジー > TechCrunch Japan > チケットキャンプ...

チケットキャンプがサービスを一時停止、商標法および不正競争防止法違反の容疑 | TechCrunch Japan

16コメント 登録日時:2017-12-07 20:18 | TechCrunch Japanキャッシュ

ミクシィは12月7日、子会社のフンザが運営するチケット二次流通マーケットプレイス「チケットキャンプ」内での新規出品、新規会員登録、新規購入申し込みを一時停止することを発表した。チケットキャンプのサイト上の表示について、商標法違反および不正競争防止法違反の容疑で捜査当局による捜査を受けており、詳細については現在捜査中。操作には全面的に協力をするとしている。またミク...

Twitterのコメント(16)

ふむう・・・。無事解決を期待。
中森明菜のディナーショー。今年買えたから良かった。ギリギリセーフ。
ヽ(・・ヽ)=3
来年からは普通にスピード勝負になるのかな。
@jptechcrunchから
やるなら日本シリーズのチケット発売とかそういう時にやればいいのに。
新しく何かを生み出すって痛みを伴うなぁ・・ /
いやそれはw「操作には全面的に協力をするとしている。」
今度は、現地のだふ屋復活するだけや‼️
すでに出ているようにダイナミックプライシングの導入。これに尽きる。一方でアーティスト側が意思を持って価格を下げたい場合もある。ここを解決するのもプラットフォームの話になる。 / チケットキャンプがサービ...
単なるダフ屋のプラットフォームだろ?
この記事だけでは詳細がわかりませんが、転売を何とかやめさせたいが、転売自体では取り締まれないから、商標法や不正競争防止法違反で攻めたのでしょうか… / チケットキャンプがサービスを一時停止、商標法および...
前も書いたけど市場価格という考え方もある、主催者はたとえチケットが全部3万で売れたとしても、そんなイベントは開きたくはない。市場が毎回正しいわけではないということを資本主義に生きる市民として認識し...
高くても金払うから売ってよ。乃木坂の東京ドーム行きたかったよおっさん。 / Japan)
刺されたか。数年で最終利益15億だからな。。。/
以上

記事本文: チケットキャンプがサービスを一時停止、商標法および不正競争防止法違反の容疑 | TechCrunch Japan

関連記事

画像で見る主要ニュース