TOP > IT・テクノロジー > TechCrunch Japan > “俺の嫁”を実現...
10コメント

LINEが3月に連結子会社化したことでも話題になったGatebox(7月にウィンクルから社名変更)のバーチャルホームロボット「Gatebox」。スクリーンに映し出されたキャラクターとコミュニケーションできるこの製品に、コンテンツプロバイダ各社が権利を持つような、さまざまなキャラクターが登場することが明らかになった。第1弾として発表されたのは、ヴァーチャルシン...


Twitterのコメント(10)

賛否両論あるかもしれませんが、ぼくはバーチャルホームロボット「Gatebox」いいと思います。初音ミク版が出るとのこと。LINEが連結子会社化することで、Clovaとの連携に期待。スマートスピーカー市場を覆す可能性があるかも。
嫁じゃなくて、おっちゃんとかモンスターとか、ゆるキャラみたいな方がいいな。
LINE の子会社かぁ、、
ホムンクルスだよね→
ミライ来た!これは続報が楽しみ! /
ほー!これは売れそう。 / Japan)
ひどく欲しい。
これが発展したら・・・
以上

記事本文: “俺の嫁”を実現するバーチャルホームロボット「Gatebox」に初音ミクが登場 | TechCrunch Japan

関連記事

39コメント 2016-12-14 12:19 - jp.techcrunch.com

ウィンクル代表取締役の武地実氏(左)とプライマルキャピタルの佐々木浩史氏(右) 「好きなキャラクターと一緒に生活できる」——2015年2月にそのコンセプトを明らかにし、2016年1月にはプロトタイプも披露してくれたウィンクルのバーチャルホームロボット(当初はコミュニケーションロボットと呼んでいた)「Gatebox」。その販売がいよいよスタ...[続きを読む

画像で見る主要ニュース