TOP > IT・テクノロジー > TechCrunch Japan > 自動車ローン返済...

自動車ローン返済滞納でクルマを遠隔停止―GMSが7億円の資金調達 | TechCrunch Japan

23コメント 登録日時:2017-04-20 15:57 | TechCrunch Japanキャッシュ

自動車の遠隔起動制御技術を活用したプラットフォームサービスを提供するGlobal Mobility Service(以下GMS)は4月20日、ソフトバンク、住友商事、デンソー、クレディセゾン、グロービス・キャピタル・パートナーズ、SBI インベストメントなど(非公表の事業会社含む)から総額約7億円の資金調達を実施したことをあきらかにした。なお同社は2015年8月にもSBI...

Twitterのコメント(23)

これはおもしろい!iot活用で巨大な潜在市場を顕在化した感じ!
自動車ローン返済滞納で自動車を遠隔停止させる技術 /
マウリツィオ・ラッツァラートではないけれど、「借金」から人間を解放する試みになるかもとか夢想したり>>

TechCrunch:
"GMSが提供するサービスを使えば、ボーダーラインの人たちにまずは自動車を提供し、支払わなければ止めるということができるため与信のスピードや工数も大幅にカットしながら、顧客を増やすことも見込めるだろう。" / "自動車ローンの「…"
与信の問題をIoTで解決:
自動車ローン返済滞納でクルマを遠隔停止 GMSが7億円の資金調達

引受先は、ソフトバンク、住友商事、デンソー、クレディセゾン、グロービス・キャピタル・パートナーズ、SBI インベストメントなど。
買いやすくしました!と言いつつ止められます!ってなんかすごい>
なんとかしてサブプライム層にリスク低減したまま長期貸し付けたいのね…
コマツモデル、、→
おー、応援しています! /
これおもしろい!今まで与信審査通過しなかった人がローン組んで自動車入手できるけど、支払わなかったら遠隔から停止。

>>>
盗難車、支払い踏み倒しは、起動できなくなるのでしょうか? それも建設機械まで)
返済できなきゃ止める型は応用範囲広い。| @jptechcrunchより
"独自で開発した車載IoTデバイス「MCCS」では自動車を遠隔から起動制御することが可能"

@jptechcrunchより
>独自で開発した車載IoTデバイス「MCCS」では自動車を遠隔から起動制御することが可能で、自動車ローンの支払いが延滞しているドライバーの自動車を止めてしまうことができる

考えれば恐ろしい話だな。生殺与奪の権利を握られるって事だろ
Service@Techcrunch 独自開発の車載IoTデバイスで自動車を遠隔から起動制御できることで、ローンの入口を広げることを可能にした、とのこと
すごいね、この技術で与信審査パスできない約20億人のマーケットでも展開できる。

"自動車ローンの支払いが延滞しているドライバーの自動車を止めてしまうことができる"/
グロービスキャピタルパートナーズとしてGlobal Serviceへ出資させていただきました。

Fintech x IoT x Mobilityと多領域にわたる事業を、ハード・...
NPではあまり話題になっていませんが、インターネットの力で金融を変える大きな兆候だと思ってます。今話題のFintechは、所詮リアルにあるものや既存のビジネスモデル等をインターネットの世界に置換す...
Serviceが7億円の資金
この与信が最近の1つのビックテーマになってる:
以上

記事本文: 自動車ローン返済滞納でクルマを遠隔停止―GMSが7億円の資金調達 | TechCrunch Japan

関連記事

画像で見る主要ニュース