TOP > IT・テクノロジー > TechCrunch Japan > 自動運転車を混乱...
20コメント

自動運転車に何ができるか、については、本誌もこれまでさんざん書いてきたけど、ときには、できないことの方がおもしろいこともある。技術というものは、その能力とともに、限界を知ることもきわめて重要だ。というわけで今回は、このパフォーマンスアートから教訓をいただこう。 この“Autonomous trap 001”(自動運転の罠001号)は、とても分かりやすい...


Twitterのコメント(20)

結界・・・
"罠"を考えたパフォーマンスアーチストJames Bridle | TechCrunch Japan
自動運転車は塩だけで動きを止められるΣ(・ω・ノ)ノ -- "罠"を考えたパフォーマンスアーチストJames Bridle | TechCrunch Japan
"罠"を考えたパフォーマンスアーチストJames Bridle コレの問題は
実際自動運転が普及したときに、道路にいたずら書きされたら変な挙動をし得る
と言うことだと思うんだよなぁ
皮肉だっw / "罠"を考えたパフォーマンスアーチストJames Bridle | TechCrunch Japan
なんでこの罠をわざわざ通るのだろう/"罠"を考えたパフォーマンスアーチストJames Bridle | TechCrunch Japan
"罠"を考えたパフォーマンスアーチストJames Bridle おもしろい
自動運転車は猫である。
「"罠"を考えたパフォーマンスアーチストJames Bridle」 |
"罠"を考えたパフォーマンスアーチスト
TechCrunch Japan
『スーパーで一山いくらで売ってるような人工知能』
"罠"を考えたパフォーマンスアーチスト
面白い。結構雑に書いてるけど車線と認識しちゃうのか。 /
contextを理解できないと,猫と同じなのか.
"罠"を考えたパフォーマンスアーチストJames Bridle – TechCrunch Japan パフォーマンスするにも、ちゃんとした自動運転車を使おうな
興味深くはありますね。
▼"罠"を考えたパフォーマンスアーチストJames Bridle | TechCrunch …
引くも押すもできない…!!
想定外はきっと起こる。
その前提で、事前になるだけ多くの切り口から眺めておくことは最後に自分を救うかもしれない。
こういうことを面白がってやってくれればデータがたまってどんどん学習していく: "罠"を考えたパフォーマンスアーチストJames Bridle
面白。"罠"を考えたパフォーマンスアーチストJames Bridle | TechCrunch Japan
AIは結界を理解できるのか?………"罠"を考えたパフォーマンスアーチストJames Bridle | TechCrunch Japan
大変重要な論点だ。スナックのママがAIで置き換わるかとかの何倍も大事👉"罠"を考えたパフォーマンスアーチストJames Bridle | TechCrunch Japan
車の金縛り・・・(汗) ⇒ "罠"を考えたパフォーマンスアーチストJames Bridle | TechCrunch Japan
以上

記事本文: 自動運転車を混乱させる“罠”を考えたパフォーマンスアーチストJames Bridle | TechCrunch Japan

関連記事

95コメント 2014-01-14 21:20 - rocketnews24.com

Perfume といえば、広島県出身の女性3人組で構成された大人気テクノポップユニットだ。彼女たちの楽曲やライブパフォーマンスは、国内だけではなく海外でも高い評価を受けている。 そんな彼女たちを取り上げたある動画が、現在、海外で大きな話題を呼んでいる。その動画には、彼女たちのライブパフォーマンスの一部が紹介されているのだが、内容が「...[続きを読む

画像で見る主要ニュース