TOP > IT・テクノロジー > TechCrunch Japan > 実家に帰った気分...
31コメント

自分の作った食事や買ってきたご飯を狭いワンルームで細々と食べる。一人暮らしで、一番寂しいのは食事の時間ではないだろうか。田舎の大家族とみんなでわいわいしながら美味しく食事したいと思う日もある。今回、南あわじ市がふるさと納税のプローモーションの一環としてリリースした「バーチャン・リアリティ」は、まさにそんな体験が味わえるVR動画だ。 「バーチャン・リ...


Twitterのコメント(31)

ふと現実に戻った時に、涙が止まらなくなりそうだな
ネーミングがすばらしい!

@jptechcrunchから
完全に未来だ >>
アカン・・・自分が親不孝だと痛感する・・・
人口知能搭載の亡くした妻のVRと、食事をとる老人
とか出来そう辛い

@jptechcrunchから
Vだから発音はヴァーチャン。
コンピューターおばあちゃんだ(?)
これォッパでしてみたぃ❣️
こんな感じの田舎出身だからか、心に響くものあるなあ
これって孤独な高齢者向けでも良いかもしれないですね。
ダジャレだけどおもしろそう。ふるさと納税が増えそうな気がするわ、これ。
twitchには「ソーシャル・イーティング」の専用カテゴリーがあるとか
これで食事も用意してくれるとありがたい^^ :
VR過渡期だけに、色んな物が出てくるね /
南あわじ市。おばあちゃんが自慢の手料理をふるまってくれるVRコンテンツ「バーチャン・リアリティ」。動画に登場する料理はふるさと納税をした人への御礼の品の食材でつくられておりレシピも公開。 / "実家に帰った気分になれる「バーチャ…"
20年前、今とは少し違う意味でバーチャル・リアリティが使われた時期に思いついたギャグがついに実現したんやな…(しかもセンスある)
映像の料理のレシピは公開されていて、ふるさと納税すると食材が届く。
@jptechcrunchさん
VR大喜利したい
僕、10年後にこれ使ったら寂しさから現実に復帰できなくなるかも。
こういうのを見ると「悔しい」という気持ちが湧いてくる /
ちょっと好き。
「一人で食事をする時に鏡を見ながら食べると、よりおいしく感じることが実験で確かめられました」マジかよ。。。
駄洒落と勢いで記事をでっちあげようとするスタイル、嫌いじゃない。
ハードル高いw "VR体験を最大限楽しむためには、動画と同じ料理を食べながら、VRを見るのが一番だ" |
「VRで遠隔の人と食事する未来が来るのもそう遠くないのかもしれない」
意外と流行りそう。実家に帰りたい欲ってすごくある。
せめてローカルアイドルにして。
@jptechcrunchより
「動画と同じ料理を食べながら、VRを見る」って。まずゴーグルしながらメシ食う訓練が要るなぁ。 / (TechCr...
一緒に食べるのが一番だけどこれ面白い。

@jptechcrunchより
以上
掲載元: 実家に帰った気分になれる「バーチャン・リアリティ」は、未来の食事のあり方なのかもしれない | TechCrunch Japan


他のコメントを探す:Twitter検索 はてブ

関連記事

369コメント 2012-12-04 01:17 - matome.naver.jp

こんな感じらしい。【衆議院選挙の場合】『小選挙区』『比例』『国民審査』の投票用紙が入っています。【参議院選挙の場合】『小選挙区』『比例』の投票用紙が入っています。※絶対に家で記入してはいけません。書いてしまうと無効です。注意書き等も同封されているので、きちんと読みましょう! ...[続きを読む

画像で見る主要ニュース