TOP > 海外ニュース > ロイター.co.jp > ブログ:震災7年...

ブログ:震災7年、「巨大防潮堤」に隔てられた生活 | ロイター

25コメント 登録日時:2018-03-11 10:54 | ロイター.co.jpキャッシュ

2011年3月11日に東日本大震災が起きた時、かき漁師の藤田敦さんはいつものように海辺で働いていた。まもなくして、藤田さんの暮らす町に巨大な黒い波が押し寄せ、約2000人が命を落とした。あれから7年──。東北の沿岸部に暮らす藤田さんら大勢の人々は、巨大な防潮堤の内側で生活を立て直している。もし再び巨大津波が起きた場合、この防潮堤が守ってくれる、と専門家は言う。日本のような地震活動が活発な国では、津波は不可避だとする...

Twitterのコメント(25)

2011年3月11日に東日本大震災が起きた時、かき漁師の藤田敦さんはいつものように海辺で働いていた。まもなくして、藤田さんの暮らす町に巨大な黒い波が押し寄せ、約2000人が命を落とした。...
約395キロに及ぶ壁の建設1.35兆円「巨大防潮堤」に隔てられた生活
しかし、多くの人が防潮堤になじめないでいる。
こんなに大きいキャンバスはないな。逮捕されてもいいから、絵を描きたい。
陸前高田の「巨大防潮堤」に住人らから批判の声も 「塀の中で牢屋にいる感じがする」
「塀の中で働いているような感じ。悪いことしたわけじゃないが、牢屋にいる感じ」
これは慣れるしか無いよね。ここまで大きな防波堤だったら活用の道はありそうだけど
複雑…。
震災7年、「巨大防潮堤」に隔てられた生活
「嫌なら住むな」とおっしゃるかたもいるが、彼らの立場からもおなじことを言えるよね。「津波が嫌なら住むな」と。
岩手県陸前高田産の牡蛎は ゲスが育ててゲスが出荷してるってことらしい 毒入りかもしれんな
想像以上の高さだった◆
特に震災後、三陸を旅した際に見た普代村の防潮堤を思い出すわ。無しで済むならそれがいいと思うが、いつかこの防潮堤が仕事をする日が来るだろうな。
【3.11】陸前高田の「巨大防潮堤」に批判の声…「牢屋にいる感じがする」> 反日経済紙ロイターの日本ディスり記事。よくこれだけ罰当たりな事をほざく人間を見つけてきたものだ。
>(写真:Kim Kyung-hoon 文責:Megumi Lim)

なんだコイツら

| ロイター
そんなこと言ったってなあ…
「津波にのみ込まれた防波堤の代わりとなる防潮堤の建設だ。約395キロに及ぶ壁の建設には約1.35兆円の費用が投じられた。」
防波堤がないから二千人も死んだのでしょ? もう津波がこないと思ってるのかな? 中、長期的な安全を考えられないのかな。
この写真…何か訴えてくるな
-
それでもここに住みたいという人のために作ったらこんなことを言われてどうしろっての。今生きている人のためだけではなくて、孫、ひ孫、それ以降の世代のための防潮堤だぞ。
東北の沿岸部に暮らす藤田さん
「塀の中で働いているような感じ。悪いことしたわけじゃないが、牢屋にいる感じ」

嫌なら住むな‼️‼️‼️
防潮堤が無ければ町ごと津波に飲み込まれるぞ‼️‼️‼️
「防潮堤建設という考えを多くの住民は歓迎したが…」「計画段階で十分な助言を求めなかったこと…防潮堤建設に費用が充てられることで住宅など他の再建が遅れることを懸念」
「塀の中で働いているような感じ。悪いことしたわけじゃないが、牢屋にいる感じ」と52歳のかき漁師藤田さんは言う。
だが共通の課題は、津波にのみ込まれた防波堤の代わりとなる防潮堤の建設だ。約395キロに及ぶ壁の建設には約1.35兆円の費用が投じられた
宮城県気仙沼市の防潮堤の一部には「窓」がある /
将来これらの防潮堤が経年で劣化した場合補修に必要な金をねん出できるのか?
以上

記事本文: ブログ:震災7年、「巨大防潮堤」に隔てられた生活 | ロイター

関連記事

画像で見る主要ニュース