TOP > 海外ニュース > ロイター.co.jp > 焦点:EV大手テ...

焦点:EV大手テスラ、ささやかれる「拙速な製造」のツケ | ロイター

24コメント 登録日時:2017-12-06 12:19 | ロイター.co.jpキャッシュ

米電気自動車(EV)大手テスラ(TSLA.O)の新型セダン「モデルS」やスポーツ用多目的車(SUV)「モデルX」は、カリフォルニア州フレモント工場の組立ラインを離れた後、もう1度足止めを食らうのが当たり前だという。製造における欠陥を修正...

Twitterのコメント(24)

→"車体部品をかなりの勢いで「むりやり押し込まなければ」ならなかった"

うーん・・・どうなんですかこの設計・・・
| Article [AMP] | Reuters
ここで大切なのが今テスラは年産13万台を年産50万台を目標に急拡大させようとしてる事

あとは......分かるな?
商品が良くても品質の問題は会社身売りの早道ですからね、英国のブランドはそれで消えていった
[サンフランシスコ 29日 ロイター] - 米電気自動車(EV)大手テスラの新型セダン「モデルS」やスポ
「組立後の品質検査で「モデルS」と「モデルX」の9割以上に欠陥が見つかる」うそやん…
アメ車はゴミ
| Article [AMP] | Reuters
トヨタの「品質」は、そうそう振興の企業で追い落とせるものじゃあないでしょうね…「トヨタの倒し方知ってます」ってわけには、なかなか…
ことITとか先進産業分野では「ものづくり」が足蹴にされやすい昨今だけど、いつの時代もその重要さは変わらない。摺合せ技術vs組合わせ技術、の問題だって、バランスの問題であり、両方大事なことには変わらない。 / "焦点:EV大手テス…"
これ見ると日本の軽トラがあの値段で大量生産されて安全性も確保してるのっておそろしいことやってんだな……って感じする。 /
テスラの製造ラインでは、完成車の欠陥率が何と9割。その「修理」に莫大なコストと時間がかかっている。従業員には守秘義務を課し、隠蔽に努めている。
EV大手テスラ、ささやかれる「拙速な製造」のツケ
・組立ライン後の品質検査で「モデルS」「モデルX」の9割以上に欠陥が見つかる
・欠陥修正を抜きにして出荷できない状況
@EV業界の競争競合加熱→消費者が事故
まあ一から自動車作るのは簡単じゃないだろうけど。。。>>
中国とかインドでやればよかったのに(他人事) /
これは厳しい.. テスラに対するネガティブな論調が増えてきている >組立後の品質検査で「モデルS」と「モデルX」の9割以上に欠陥が見つかることが当たり前となっているという。
「組立完了後のやり直しが非常に多く、そこで多大なコストが生じている」/こうした「中庭」と呼ばれる駐車場の1つでは、修理待ち車両が2000台を超えることもあるという /
「新しい何かを生み出すことと、それを実際に完璧に大量製造することは別問題だ」
テスラの恐ろしい実態!
EV大手テスラ、ささやかれる「拙速な製造」のツケ
量産化がいかに難しいかと言う好例。新しいものは作れても、量産化されて世に広まらなければ意味はない。
海の向こうでは、テスラもか。/
『焦点:EV大手テスラ、ささやかれる「拙速な製造」のツケ』 
>同社の内部追跡システムによる10月最新データなどによると、組立後の品質検査で「モデルS」と「モデルX」の9割以上に欠陥が見つかることが当たり前となっているという。
一方的な記事ではあるが、多かれ少なかれこうした問題はありですね。問題が改善されないとするなら、将来に大きな問題として帰ってくる、注視ですね。 / ...
単品生産と、
大量生産は全く違う次元で存在してる。
単品には単品の、大量には大量の
生産の方法・あり方が存在してるんだよ。
目を疑うような現実が並んでいる。必読(汗):EV大手テスラ、ささやかれる「拙速な製造」のツケ
ウェブサービス的な「大体動けば、後から直す」てな作り方の悪い方、という事? (Reuters)
以上

記事本文: 焦点:EV大手テスラ、ささやかれる「拙速な製造」のツケ | ロイター

関連記事

画像で見る主要ニュース