TOP > 海外ニュース > ロイター.co.jp > 眠気の正体は脳内...

眠気の正体は脳内タンパク | ロイター

23コメント 登録日時:2018-06-14 05:55 | ロイター.co.jpキャッシュ

 脳内にある80種類のタンパク質の働きが活性化すると眠くなり、眠りにつくと働きが収まるのをマウスの実験で発見したと、筑波大の柳沢正史教授(神経科学)のチームが13日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。「スニップス」と名付けたこの一群のタンパク質は眠気の“正体”とみられ、睡眠そのものに深く関わっているらしい。 柳沢教授らは、タンパク質が睡眠を促して神経を休息させ、機能の回復につなげているとみている。「睡眠の質の向上や、不眠など睡眠障害の...

Twitterのコメント(23)

不眠症の新薬開発に繋がるかな
ふむ。
研究を続けていただいて、3大欲求のうちのひとつを制御できるようになってほしいと、切に願います。
⊂⌒っ*-ω-)っ Zzz.
勉強していると眠くなる、塾に来ると眠くなる、のも脳内タンパクが関係あるの…かぁ?
過眠症患者の治療にも役立てて欲しいなぁ
筑波大学しゅごーい。

"「スニップス」と名付けたこの一群のタンパク質は眠気の"正体"とみられ"
"不眠など睡眠障害の治療法の開発につながる可能性がある"
これ、どうやって実証したんだろう。気になる。 /
未だ治療法が無い
致死性家族性不眠症(眠れない状態が続き衰弱死する遺伝性の睡眠障害)
治療に繋がるか??
ふむふむ、なるほど…(。-ω-)zzz. . .
すっごーい、眠い。
何その罪深いプロテイン
(´・ω・`)寝落ち料理を開発しようぜw
取り敢えず鍋に鰹出汁と醤油ベーツの汁を張ってニンニクと韭とキャベツとモツをぶっ込むとかw
筑波大の先生か。
不眠症治療とか思ったけど、たぶん日本は眠らせない方向へ行って24時間労働させたがる人らが出てくるんやなって
今度から眠くなったら「タンパク質が活性化してき( ˘ω˘ ) スヤァ...」っていうことですね。
ぐっすり眠れる方向に研究が進むのはいいと思うが、副産物として寝なくても済むような仕組みも分かってくるのが怖いんだよな(;´_ゝ`)
そうか・・・今こんなに眠いのは・・・・脳内のたんぱく質が・・・活性化してるから・・・k・・・( ˘ω˘ )スヤァ

|ロイター
// - 筑波大の柳沢正史教授
眠気の正体は脳内たんぱく質
なるほど。
時々死ぬほど眠たくなるのは、これが急に増えたりしてるのかな?
以上

記事本文: 眠気の正体は脳内タンパク | ロイター

関連記事