TOP > 海外ニュース > ロイター.co.jp > 殺虫剤フィプロニ...

殺虫剤フィプロニルが混入した卵、欧米など世界40カ国で発見=報道 | ロイター

23コメント 登録日時:2017-09-05 17:44 | ロイター.co.jpキャッシュ

殺虫剤フィプロニルが混入した卵が世界40カ国で見つかり、うち欧州連合(EU)加盟国が24カ国に上ることが分かった。ドイツのDPA通信が5日報じた。欧州のスーパーマーケットでは、数百万個の卵が棚から回収される事態となっている。監督当局の一部は、多くの汚染卵がクッキーやケーキ、サラダなど加工製品の形ですでに...

Twitterのコメント(23)

殺虫剤フィプロニルが混入した卵、欧米など世界40カ国で発見   「…フィプロニルは、人の臓器障害につながる危険がある」「フィプロニルはダニやノミの駆除に広く使用されているが、家畜小屋など食品流通に連なる場所での使用は禁止されている」
オランダが犯人か。卵まで全世界に輸出してたのか!
結構拡大してる・・・
ポルトガルの卵が難を逃れている…
人類は殺虫剤で自らのDNA迄も傷つける愚かな生物の1種に過ぎ無い事を忘れて恰も万能で有るかの振る舞いだが、DNAの損傷は類を見ない人類の消滅の始まりかも知れません。
分解されにくい化学物質が混入する事案は此ればかりじゃないよ。遺伝子の劣化速度が早過ぎる今。
エッグい話だなぁ  どうもすいません_(:3」∠)_
グローバル経済の産物。当面海外のお菓子類は買えないね。で輸入している業務用卵液は大丈夫?
・反日低知能極左が支援している反日犯罪民族朝鮮人は、日本向けの食品に意図的に病原体(寄生虫・大腸菌など)を混入させている。日本人は、連中を、徹底的に駆除することで、食の安全を守るべきだろう。
監督当局の一部は、多くの汚染卵がクッキーやケーキ、サラダなど加工製品の形ですでに流通しているとの懸念を表明した。
殺虫剤フィプロニルが混入した卵、欧米など世界40カ国で発見=報道(ロイター)
>欧州委員会の広報官は、EU加盟国で影響がないのは現時点でリトアニア、ポルトガル、キプロス、クロアチアだけだと認めたもよう。
海外のお土産とかは、ちょっと注意が必要かも
玉子に殺虫剤を混入!
オランダ人2名が逮捕!
加工品は回収が間に合わず!

EU、米国、ロシア、南アフリカ、トルコから輸入されたクッキーはしばらく食べない方がいいですね。
殺虫剤フィプロニルが混入した卵、欧米など世界40カ国で発見=報道(ロイター) 多くの汚染卵がクッキーやケーキ、サラダなど加工製品の形ですでに流通しているとの懸念を表明した。フィプロニルは、人の臓器障害につながる危険がある
殺虫剤フィプロニルが混入した卵が世界40カ国で見つかり、うち欧州連合(EU)加盟国が24カ国に上ることが分かった。
―――調べもしないで日本の卵は大丈夫という厚生労働省www
EUのクッキーやケーキ食えないな
{#ドイツEUでパンや菓子類など卵食品食べると神経毒にやられますよ(@_@;)}
「欧州のスーパーマーケットでは、数百万個の卵が棚から回収される事態となっている。」 |
殺虫剤混入の卵、世界40カ国で発見 ニュース
混入というか、この毒エサを食べたGを、親鶏がつまめる様な衛生的でない農場が、それだけの国であるんでしょう?
オランダとベルギーの当局は、汚染源がオランダにある洗浄剤サプライヤーであることを突き止めた。8月には清掃会社チックフレンドを経営するオランダ人2人が逮捕された。
以上

記事本文: 殺虫剤フィプロニルが混入した卵、欧米など世界40カ国で発見=報道 | ロイター

関連記事

画像で見る主要ニュース